FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『日本の賃金を歴史から考える』を書くにあたって、組合の皆さんを前に、今、組合というと、世間の人はユニオンのようなものをイメージするけれども、労働組合はその中心に技能を持つ人たちがいるということこそが交渉力の源泉になっているのだから、そのことを訴えていきたいということを話した。組合の中心で働いている人たちにとっては当たり前のことだと思う。あれから、5,6年経って、今年になって初めて社会政策の講義の中で、新しい労使関係の教え方をしてみた。もちろん、異論もあると思うが、とりあえずそのときの話の一端をここで再現しておきたいと思う。

今回、組合の交渉には二つの種類があると大雑把に分けてみた。一つは、反福祉状態の回復。多くの場合、こちらがスポットライトを浴びやすい。もう一つは、最低条件はクリアしているんだけれども、それをより良いものにしていくための交渉である。前者の基盤は、日本の場合、憲法の基本的人権の尊重にある。労働関係だから、もちろん民法、各種労働法は関連するけれども、根本的な基盤は憲法にある、と説明した。では、後者の基盤はどこにあるのだろうか。ここで私が説明したのは、その人たちがいなければ事業が動かなくなってしまうような、そういう仕事についての能力を労働者側が持っていることである、ということである。

JCMの市川さんから6月の末に、IGメタルの新労働協約についての記事をまとめて、それが公表されたのでというご連絡をいただいたので、早速、これと市川さんが読んでくださったといっていた私の情報労連でのストライキについてのインタビュー記事をあわせてその日の講義で配った。市川さんとは4年前に私が書いたブログエントリにコメントをいただいて、少し議論したことがあって、その後、何度か直接お目にかかる機会もあった。ちょうど、この前の何回かというか、わりと社会政策の講義の中でILOの重要性を繰り返し説明してきたこともあり、ILOでまさにストライキ権をめぐって抜き差しならない戦いを国際的な労働運動の共闘で守って来た市川さんとの議論したことと、IGメタルの話を枕にしたのである。

この話は結構、重要なので、私としては珍しくサルベージしておきたい。いつもやらないのは、しばしばエントリを書くときは勢いで書くので青臭くなりがちで、後から読み返すのが嫌だからというのと、単純に面倒くさいだけだが、今回はそれらを上回る、ぜひこの問題は広く共有してもらいたいという思いがあって再掲する。
市川さんがコメントしてくださったきっかけとなったエントリ 
それについて私の意見を書いた「ストライキ権について

ストライキ権は、然るべき手続きに則ってストライキを行うという条件の下で担保されていること、すなわち、交渉の一手段として認められているんだよ、というところまでを話した。情報労連のREPORTで語ったことは、それを超える祝祭の話であったわけだが、そこまでは一回の講義の中では無理であった。というか、実は、労使関係で二回も使ってしまった。

ストライキ権がどういうものなのかは良いとして、その次にはストライキを打つことがなぜ交渉に役立つのか、交渉力の源泉とは何かということを話さなければならない。ここでもう少し仕事の力でまかり通ればよかったんだけど、少し弱気になって、社会的な世論の影響の話をしてしまった。これはロジックとしてはまずかったなあ。

このIGメタルの記事はすごく大事なことがたくさん書いてあって、ぜひ労使関係に関係する方や労使関係の研究者は必読だと思うのだが、絶対に学部生には分からないだろう。それは読んだ瞬間から分かった。たぶん、労働問題を研究する院生レベルの人だって(それはかつての若き日の私も含めて)、なかなか理解するのは難しいと思う。これを精密に読めるレベルに達する学生を育てれば、どの産別でも、連合でも、私としては自信をもって送り出すことが出来るが、まあ、でも、この記事、どう考えても、大学院レベルだよな。

とはいえ、記事については、分かる分からないはどうでもよく、アクティブなタイミングだったので、こんなこともやっているんだよ、というリアリティを出すために配ったところもある。労働問題は、たとえば実際に働いてみたり、職安に通ってみたりすることで、初めて理解できる側面があるので、学生の段階で理解するのが難しいところがある。私自身、テストのための一夜漬け的な勉強をしてきたタイプなので、あえて言うが、労働に関わることはテストの対策としての知識問題としてではなく、やがて社会に出ていく自分たちに関わる問題だということをだけを理解して欲しいのである。実際に問題が起こったら、誰もがその時点で真剣に悩みだす。そこで解決できなければ私が何か話していたことを思い出して、相談に来てくれれば、それでいい。

もちろん、日々、学生がどういう力を身につけたらよいのか、ということは考えていて、それについてもいつか書いてもいいと思うけれども、しかし、本音で言えば、私は教え子がそれぞれ元気で幸せに暮らしてくれているのならば、それ以上、望むことはない。だから、そのためのヒントを一つでも多く持って帰ってくれればそれでよいといつも思っている。労使関係のなかにはそういうものがきっとあるよ。

ちなみに、この枠組みでは解雇の条件闘争などのシビアな話が捨象されてしまう。
スポンサーサイト
Tak.さんの新著『アウトライン・プロセッシングLIFE』が出版されたので、早速読んでみた。実はあまり期待しないで読んだのだが、期待に反して面白かった。なぜ期待していなかったのかというと、アウトライナーは私にとってはたしかに福音だったけれども、新しいものを学び、それを自分なりのものにカスタマイズするためのコストを払って得るベネフィットは逓減していくので、自分の今までの仕事のやり方とアウトライナーの折り合いをつけていたからだ。しかし、今回はそうしたライフハック的な意味とは別に、私が専門的に学んできた労働分野の研究にとって、かなりヒントになり得る本ではないか、と思ったので、あえてこのブログで紹介したい。

この本は端的に言えば、タスクということを徹底的に考えている本である。そもそも、タスクというのは何かといえば、切り分けられない最小単位の仕事であった。こういう特別な概念になったのは、テイラーや同時代の能率技師たち(ギルブレス夫妻など)の研鑽のせいで、彼らはあるタスクの最良の方法を発見して、その習得方法を学べば、誰にでもその方法を実践できると考えた。そう有名なストップウォッチを使った時間動作研究がそれである。テイラーが自らの方法に科学的管理法と名付けたように、これはある地域のある時代の科学観が色濃く反映されている。同時代人のフレックスナーは医者のプロフェッションに、誰にでも伝達できるプログラムがあること(秘教的でない)を掲げており、その発想はほぼ同じであると言えるだろう。

時間動作研究はその後、職務分析へと展開した。その歴史は私もまだよく分からないところが多いので、そのうち研究したいと思っているが、一般にはブルーカラーの仕事についての研究として日本では取り上げられてきた。私が教わってきたのは、アメリカのジョブという概念はタスクを積み上げられて構成される概念であるということであった。これはある時期のブルーカラーについては正しいが、アメリカではホワイトカラーの職務分析は少なくとも私が1960年代の動作研究についての文献(元NKKの奥田健二先生が60年代にアメリに留学した時に買って来た文献で、その甥の鈴木玲先生から私が譲り受けたもので、引っ越しの段ボールのどこかに入っていて、名前は分からない)には、ブルーカラー的な積み上げ型の職務分析とは違う方向を模索していたようだ。実際、ミルコッビチのコンペンセーションになると、下からの積み上げではない、現場や上からの職務の定め方というのが書かれている。この数十年の間に何が起こったかは丁寧な文献サーベイが必要である。

日本の場合、大手製造業の現場レベルでは積み上げ型の職務分析もやっていたが、分析と実際の仕事は別で、おそらくもっと高度な判断を含めてやってきた。それを学問的に迫ったのが小池和男先生の1980年代までの仕事である。ところが、この後、かつての労働問題研究ではホワイトカラー研究に向かっていったが、個人的にはあまり深まっているとも思っていない。完全にスタックしていると思う。個人的には、高橋弘幸さんの三井物産のホワイトカラー史研究は新しい可能性を持っていたと思っているが、残念ながら継承されることはないだろうと思う。というのも、そもそも内容が難しすぎ、これをちゃんと議論しようという学者グループがいないということである。私は何年も高橋さんの議論に付き合ってきて、その作業途中の話も聞いてきて、文献も何度も読んだが、なおよく分かっていないということだけは分かっていて、まだ半分くらいかなと思っている。その途中報告はこの書評である。

こういう方向からすると、まったく意外なところから正面突破したのが若き日のミンツバーグの研究、そう有名な「マネジャーの仕事」である。これは取締役研究なのだが、彼は一週間張り付いて、時間動作研究を敢行した。簡単に約めていえば、取締役の仕事は複雑に見えるけれども、意外とパターン化できるということだ。たとえば、誰と会うというのは、一様に法則化できないけれども、誰かと会う、電話を掛けるなどのレベルで抽象化すれば、意外とパターン化しているということである。この話を取締役経験のある人と議論したときに、その人がおっしゃっていたのは、そう重役になれば意外とそうなんだよ、難しいのはその手前まででこれはパターン化できない、ということだった。そう、ここで話はホワイトカラーに戻って来る。

このTak.さんの新刊である。これはまさにタスクがどう変化していくのか、ということをご自分の事例で語っている本である。Tak.さん自身が、実際の仕事とアウトライナーについての洞察(研究)とで試行錯誤のなかで作られたもので、もちろん、その変化を全部つぶさに記録しているわけではないので、あくまで再現であるが、それでもかなりタスクのあり方がどう変化しているのか、ということを明らかにしており、その点でとても興味深かった。この本から、いろいろと考えることは出来るのではないかと思う。その意味で、非常にリソースフルな本である。

後半の人生論は、私には不要だが、それはそれで面白い。個人的な経験で言えば、いかに生きるかというのは20代くらいには悩んだけれども、その後も個別具体的な問題にどう対応するかはよく迷うものの、原理原則的なところでまったく悩んでいないので、自分事としてはあまり共感できなかった。ただ、客観的な素材としては興味深い。中澤二朗さんの『働く、なぜ?』は仕事論・人生論という点では同じだが、ビジネスマン人生も終わり近くになって、後進世代に伝えたいことを書かれている。実際、自分の経験よりも先輩の話も多い(新日鉄だから偉大な先輩に事欠かないということも大いに関係しているが)。Tak.さんも中澤さんも少し求道的なところがあって、それゆえの人生論だが、これ昔の青年気質だよなあと思う(今の若者にはないと思う)。でも、Tak.さんは注で「恥ずかしいので全部読まなくていいです」とか書いてあって、ちょっとカワイイ。お陰で飛ばし読みしてたけど、戻って全部読んじゃいましたよ(笑)。

ちなみに、このエントリはまったくアウトライナーを使ってません。

RADWIMPSのHINOMARUが話題になって、ツイッター上でも賛否両論ですね。私は思想的な嫌悪感というより、中途半端な漢文調が気持ち悪かったです。漢文もある種の語学のようなものなので、私も近年、全然触れる機会がないので、偉そうなことも言えないのですが、それでももうちょっと硬いんですよね。それならそれで通してほしかった。まあ、そんなことはどうでもいいのですが、私が気になったのは左でも右でもないの話です。ねずみ王様のこのツイートです。

私はファシズム論争よろしく戦前の日本をファシズムとして論じる議論には懐疑的ですが、日本主義が1930年代半ばから影響力を増して行き、それがやがて日中戦争から太平洋戦争の際の思想的な中心になっていったこと否定しません。で、そのいわゆる右翼なんですが、右翼というのは北一輝とか、そういう人たちをイメージしやすいですけど、戦前、右翼というのは左翼と対になる言葉でした。そんなの当たり前じゃないかと言われるかもしれないけれども、意外とそうではないかもしれません。どこに焦点を当てるかによって、見える景色が変わって来ます。

戦前の左翼というのは、今と違って分かりやすいんですよ。大雑把に言えば、共産党関係者ないしそれにシンパシーを感じる人たちです。これに対して、敵対する層がどこであったのか。まずは労働組合、総同盟主流派、戦後で言えば社会党右派ないし民社党系、あるいは河合栄治郎周辺の社会思想社系なんです。戦前の文書を読んでいくと、右翼組合と呼ばれています。戦時中に西尾末廣のスターリンのごとく、ムッソリーニの如くという有名な失言がありますが、後に西尾は日本で共産党ともっとも苛烈に戦ってきたのは自分たちであるという自負があったので、まさか誤解されるとは思わなかったと回想しています。連合になってから、右左というのは分かりにくくなってしまいましたけどね。

日本の場合、右でも左でもないというのは、この二者ではない、というところから始まった話じゃないかと思うんですよ。いわゆる中間派ですね。これは石川島造船の自彊組合の具体的人物で言うと、神島という人が始めたんですよ。それを協調会の町田とか、吉田とかがバックアップした。この後ろには安岡正篤なんかも控えている。神島自身は1920年代に亡くなってしまいますが、これが後の産報運動の一つの流れになる。ただ、1930年前後だとまだまだ戦争と関係ないですけどね。

ちなみに、神島はもともとは国粋主義的というより、インターナショナルな世界に憧れていたんですが、なんかのヨーロッパの労働組合の大会に希望を抱いて出席したら、見事に人種差別にあって方向転換するわけです。きれいごとを言ったって、実際は全然違うじゃないかというのが彼の実感なんですね。だから、西洋ではなく、日本に戻らざるを得なかったのです。そういう立場ですから、総同盟、彼らはその最初の名前が友愛会(Friendly Society)といったことからも分かるように、もとは英国流の労働組合主義ですかね(これは総同盟に近かった村嶋歸之が書いています)、そういうものとも相容れないわけです。というような経緯ですから、ヨーロッパとは全然事情が違うわけです。

もうちょっと時間が出来たら、この辺りも少し思想的に整理したいですね。ただ、論文はおろか、ブログエントリにするのも面倒なので、多分、ツイッターでつぶやいて、終わりですが。
木村正身先生といっても、多くの人は知らないだろう。昔の社会政策学者で、1975年に「労働条件と福祉条件」という論文を書かれている。昔だったら、忘れ去られるだろうけれども、今はレポジトリが発達したので、この論文も居ながらにして、読むことが出来る。この論文は「福祉」を定義したものとして興味深い。その最後の部分を引用しよう。

実際には.その諸生活主体のニードの充足または福祉は,資本主義のもとでは,基本的には反福祉状態(diswelfares)ないしマイナスのサービス(disservices)からの回復,ないしそれらに対する損害補償への社会的権利の行使として,むしろネガティグなかたちでのみ,具体的に検証されるものであるということができよう。既述のように,資本主義は,それ自体,「疎外された労働」から「貧困化法則」までの諸規定のもとに,いわば労働者階級およびプチ・ブルジョアジーの原生的反福祉状態を設定する。それを背景として,さらに資本主義の発展に伴う反福祉的諸条件の累積的展開があり,資本主義の最高段階で咋は,反福祉状態一般も最も深刻になる。そのなかで,さらにハンディキャップをもつ人々は,一層大きな被害を受ける。福祉活動は,ニード充足を社会的権利とみつつ,こうした状況(権利侵害)に対するミニマムな回復・補償を要求・実現する活動だといえよう。そして,この統一的見地から,福祉問題は,公害や交通事故・犯罪等の被害の補償問題をも,包擁するものとして再認識されるべきであり,また,このとによってその総体的意味を保持しうるであろう。


1970年代と言えば、高度成長期の末から公害問題という新しい問題が注目されるようになった時期であり(もちろん、公害自体は昔からあるが、この時期に特に社会問題化されたということ)、今までのマルクス経済学的な資本主義論の延長線上に、このような現象を包括的に捉えようとする問題意識をこの論文からは感じることが出来るだろう。この定義は、問題を考えるに際して、非常に重要な定義である。それはどのような意味においてだろうか。

稲垣良典先生が『現代カトリシズムの思想』(岩波新書で最近復刊された)で、人間が社会を形成するのは足りないものを補い合うからではなく、自己の充足、豊かさ、完全性ゆえに共同体を形成すると捉え、そのあふれ出る豊かさを神愛=カリタスと呼ぶということを説明している。人権とキリスト教の関係も一筋縄ではいかないが、大雑把に言うと、私はこうした考え方は西洋の人権思想には流れていると考えている。少なくとも、カトリックの公共要理(カテキズム)のなかでは、人権の考え方が説明されている。

ところが、日本のキリスト教は日本国内では彼ら自身が多くは新興のマイノリティであり(もちろん、近代以前にも隠れキリシタンが脈々といたことは知っているが)、しかもマイノリティの反福祉状態の回復に従事してきたといってよい。その代表は賀川豊彦であろう。このような事情が、日本のキリスト教理解にも大きな影を落としてきたと私は思う。たぶん、こうした偏りは、いずれ赤江達也さんなんかが書き換えてくれると期待している。ただ、それにしても、このような偏りが生まれた背景、歴史的事実自体は否定すべくもない。

日本に人権思想が入って来たのはもちろん戦前だが、多くの人は戦後憲法とともに人権概念を受容していった。朝日訴訟に代表されるように、人権の考え方は、木村先生の言うところの反福祉状態からの回復という要求と密接に結びついていた。反福祉状態は運動に結びつきやすかった。要求にしやすいからである。ところが、その先に運動ないし実践的には落とし穴が待っている、と私は思う。それは、その問題が個別具体的な一回限りのものではなく、より普遍的な問題であると認識し(それ自体は間違っていない)、運動自体もそのような広い問題に発展させようとしてしまうことである。発展的解消はその本拠になっていた運動の基盤さえも解消させてしまうことがある、と私は思う。比喩的に言えば、対象との距離が変わるはずなのに、同じレンズで同じピントの合わせ方をしようとすれば、それは当然、ピントが合わなくなるだろう。うねりというか、流れを作る運動には、小さくてもその起点が必要で、それがあらゆる場所に遍在してしまえば、かえって見えにくくなってしまう。理屈で言えば、どこからでも起こせればいいのだが、そんなことは簡単には出来ない。

運動の拠点としての反福祉状態にはジレンマがある。それは反福祉状態が解消されれば、その運動が弱くなるということがある。ところが、反福祉状態を作り出しているいろいろなものはそう簡単には解消されない。いったん、運動が弱くなると、たちまちその反福祉状態に対抗するのが難しくなる。それはかつてその反福祉状態に対抗し得たときよりも、運動的、組織的には遥かに困難な状況にならざるを得ないのではないだろうか。これは個人個人の責任ではなく、構造的なジレンマなのだろうと思う。では、その代わりを思想、たとえばカリタスから、組み上げていくことが出来るのかと問われれば、それもまた難しい。理論的にはケイパビリティが限界ではないかと思うが、これを運動の基盤にするには、そもそももっとキャッチ―な言葉に変えないと、うまくいかないだろう。
本田一成さんから『オルグ!オルグ!オルグ!』新評論、2018年をいただきました。いつも、ありがとうございます。3月にいただいていたのですが、私が生活の基盤を大阪に移したことなどもあり、いつもは一日あれば、大体、書けるのに、こんなに遅くなってしまいました。この間、何度か本田さんに早く紹介せいと催促されてしまいました(いや、実際はもっと丁寧な表現ですが)。

この本はUAゼンセンの研修資料をもとにされていて、その限りにおいて研究というよりは、教材として書かれたものだと思います。いや、それは別に研究として、この本を見ることが出来ないということではなく、次世代の運動家を育てようという本田さんの意思が基盤にあって、それがロマンを語るというところをさらっと語ることを可能にしています。一般に、研究は素材を生のままで持ってくることはせずに調理するわけですが、素材がどんなに魅力的でも、調理に向かないために、泣く泣く取り扱わないことはあります。本当に大事なことは書かれない、というのは私が尊敬する先生お二人がよくおっしゃっていました。このオルグのロマンというのもそういうものです。

オルグのロマンというのは、言ってみれば、オルグの精神とか魂とか思いとかいろんな言い換えが出来ると思います。言葉は何でもいいんですが、これが分かるか分からないのかで運動家になれるかどうかの分水嶺である、と言っていいと思います。余談ですが、以前、組合の方に労使関係を教えて学生を育ててくださいということを頼まれたことが何度かあったのですが、そもそもそういう感覚は分かる人には分かるし、分からない人には分からないと思っていて、それは教育によって作るというより、そういう資質の人に出会うものだと思っているところがあって、あまり乗り気ではないというのが正直なところでした。そういう点では、教育や研修に期待していません。しかし、本田さんはそうではない。

冒頭でオーラルヒストリーを批判されていますが、私から見たらどうでもいい、つまらないことです。それは調査屋としての本田さんのアイデンティティかもしれませんが、オーラルヒストリーであっても、たとえば岩永理恵さんや田中聡一郎さんたちがやった厚生省官僚のオーラルのようにトピック重視の設計も可能ですし、オーラルと呼ばれる前から、古くからいろんなものがあったわけで、それをひとまとめにすることなどできません。それこそフィールドノートのつけ方だって人それぞれですから。いろんな分野と学際的につきあってきた私の経験では、どの分野もすごい人とダメな人がいるというだけだと思います。特定の研究が念頭にあるのに、それを名指しで批判しないのはよくない。こんな中途半端に書くくらいなら、名指しで批判すればよかったと思います。

さて、本体の話に戻りましょう。この本が何を考察しているのか、ということですが、徹頭徹尾、「組織」です。もちろん、オルグは組織化の意味なので、組織について考えるのは当たり前に思われるかもしれませんが、本田さんの場合、産別、企業別組合のロジックを丁寧により分けて記述し、さらにはその背後にある業界動向、経営者の理念などもさらっと解説しています。そういう意味ではいつもながらに産業史、経営史という点から読んでも面白い。ただ、そこからもう一歩踏み込んで、人に入り込んでいる点がこの本の特徴です。そして、その特徴の由来はやはり対象が労働組合であることから来ます。一般に、組織論は軍隊とか企業とかからスタートしていて、人が人を通じて組織を大きくすること自体を目的としていません。これに対して、組合は組織化自体がしばしば組織目標になります。それは他の組織にない特徴です。

しかし、そうした視点に支えられた個別の分析はそれ自体が優れた成果であるとはいえ、それさえも私にとってはどうでもいいことに思えるのです。なぜ、すぐれたオルグの皆さんは本田さんに語ったのか。それは本田さんが調査屋だったからでしょうか。おそらく、そうではないでしょう。私は本田さんが語るに足る人間であると認められたからだと思っています。

労働運動家というのは労働組合に就職すればなれるようなものではありません。もちろん、その組織に属せば、フォーマルにもインフォーマルにも先輩から影響を受ける機会は間違いなく多くなるでしょう。飲み会で何度も聞いた話にそのエッセンスが込められているかもしれません。しかし、だからといってそこに何年、何十年勤続して、その話を聞いたことがあったからといって、本物の運動家になるのかと問われれば、保証の限りではない。本田さんはゼンセンの人間ではありません。一人の高い研究能力を持った研究者です。しかし、それ以上にオルグのロマンを語り継ぐものです。

昨年、私のお世話になった運動家が亡くなって、その人の書いた論集をまとめるので、緒論を書いてくれという依頼をいただきました。その最後に「労働運動に命をかけた一生は男子の本懐である。その精神が後進の労働運動家に引き継がれることをただ祈りたい」と書きました。追悼の言葉よりも、それこそが本当に伝えたいことだったろうと思って。そうして、偲ぶ会が企画され、その論集もそこで配られました。その会で、皆さんの思い出話を聞くうちに、実際に思いが引き継がれていったその姿を見ることが出来ました。

本田さんは歴史が大事だといいます。そういう言葉を組合の方からうかがったこともあります。でも、私はその当時も今も、歴史が大事だとは思っていません。歴史は現在の理解を深める素材に過ぎません。本当に大事なことは、やはり本田さんの言葉で言えば「オルグのロマン」に通じる何かが伝わるかどうかです。別に組合に限らなくてもいいのです。労働運動の精神と呼ぶべきものが本当に一人でも多くの人に伝わるといいなあと思います。それはきっと分野を超えて他の社会運動にも資するところがあるはずです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。