1975年、カテゴリ労働史で転換点と書いたら、みなさんは何を想像されるでしょうか。日本型所得政策でしょうか。それとも、スト権ストでしょうか。私はこの年に形成された学者が中心になって形成された労働問題研究会をここであげたいと思います。とはいっても、仮説なので、みなさん、いろいろ突っ込んでください。

労働問題研究会はそれこそ大河内先生、氏原先生とか、大立者がいっぱい参加されているのですが、この政策研究の流れが翌年の政策推進労組会議を生み、あるいは蓼科(電機)・山岸(電通)の労働社会問題研究センターにつながって、最後は連合までいきます。学者サイドからは、支持政党ではなく、政策ベースで考えるべきだという提案があり、実際に多くの人が先生方からそうアドバイスされたという証言も残っています。

労戦統一についてはキーパーソンがいっぱい出てきすぎて、わけわからんことになりますが、22単組会議解散の反省を経て、政党(あるいはその背後のイデオロギー)ではなく、政策ベースで考えようということになるわけです。70年代末の総評社会党、同盟民社党の対立はこれで乗り切ろうとしたわけですが、結果的には、社公路線が社共路線を潰し、それが連合と全労連を生むわけですから、まあ、統一というか、全体でいうと、再編だったわけです。とはいえ、連合内だけでいえば、統一であり、そこに政策が重要な役割を担うことになります。

それ以前も、産別会議だって、総同盟だって、総評だって、全労会議だって、同盟だって、みんな政策は持っていました。もちろん、他の新産別や中立にしても、あるいは各単産(産別)にしても。1970年代以降、「政策」が背負わされた課題は、イデオロギー対立を超えていくことであり、そこでは学者が関与したからということもありますが、そのためにある種の客観性が志向された。ほぼ同時代的に、政治学から政策学がテイクオフしようとする黎明期でもあり、その意味で「政策」の新しい画期となった時代でした。

しかし、たとえば、国民春闘について、76年に太田薫がこういう趣旨の批判をしています。つまり、こんなに多様な要求、君らも半分もわからんだろう、俺なんかもっと覚えられん。そんなものが運動の中心になり得るのか、というのです。太田薫という人は、大衆との関係を常に考えた、というか、その距離感覚は天才であったというべきでしょう(ただし、政治に関しては???ということがいっぱいあります)。太田の持論的な春闘論というのは、金子美雄と並んで、今でも読む価値があると思います。

やはり労働組合の政策は、政策科学だとか、そういう客観性を求めるのではなく(いや、松下圭一政策科学もよしあしは別として、ある種志向性を持っていたとは思いますが)、やはり、常に多くの労働者をいかに仲間として加わってもらうか、そのためにも彼ら/彼女たち一人ひとりがそれを聞いたら、ぜひ仲間になりたい、そう思わせるようなものを目指すべきなのではないかと思います。理想論というより、原則論として。

実は数年前、連合の25周年かなんかの企画で(たぶん、『連合』だったと思います)、藁科さんが1975年の労働問題研究会の役割を強調していらっしゃいました。それはそれで、研究者としては興味深い証言ですが、私は1975年よりも前の原点に立ち戻る必要があるのではないかと思うのです。
スポンサーサイト
1959年の合化労連の大会で、ときの総評議長で合化労連委員長であった太田薫、事務局長の岩井章はいわゆる下呂談話を発表した。労働戦線では全労会議・総同盟との対決姿勢を打ち出した一方、共産党との共闘を視野に入れていた。労働組合では、1940年代末頃、共産党本部による内部干渉に反発し、民同が出来、その内部抗争がずっと長く続いていた。そのため、古くからの労働運動家の人たちは、今でも共産党に対してのアレルギー反応を持っている。

太田薫は66年に総評議長を辞めるが、その後も活動を続ける。太田は70年代前半に労戦統一運動に入っていった時から、自らを労働組合主義と規定し始めるが、政治的には共産党だけでなく、公明党・民社党も含めた自民党に対抗しうる革新政権の樹立を目指していた。60年代は自民・社会・民社・共産で、そこに公明が入ってくる。それが70年代後半は、ロッキードの影響もあり、自民から新自由クラブが独立、社会の方もお家騒動で江田三郎が出て、社会市民連合になり、その当時は「多党時代」と呼ばれる状況が生まれ始めていた(今の乱立からすると少ないけど)。こうした状況下で、太田が共産党に親和的なこと自体は私には少なくとも違和感はないのだが、民社党との共闘になると話は違う。というのも、そもそも59年に西尾末広を社会党から追い出したのは太田たち、社会主義協会であったのだから。

70年代後半には、松前重義が中心になって社公民中道路線が模索されていて、総評の富塚事務局長、槙枝議長もその考え方に傾いていた。それがややうまくいかなかったのは1979年都知事選で太田が立候補したときで、この選挙では太田は社会党の公認も直前まで得られず、敗北した。このとき、積極的に選挙協力したのは共産党で、最終的には社共で戦うことになった。だが、その後、社会党が総選挙で公明党と協力したことで、共産党との対立は決定的になる。これ以降、労働組合運動のなかで統一労組懇の動きが活発になってくる。統一戦線促進労働組合懇談会は、労働戦線統一ではなく、政治的な統一戦線を目標として掲げた運動であり、これは年来の共産党の考え方であった。

翌1980年、総評、同盟、中立の3つのナショナルセンターの民間産別から構成される統一推進会が生まれる。結果的には、統一推進会は統一労組懇排除の方針を打ち出すことになるが、この中心にいた藁科電機書記長は後に、統一労組懇をどうするかは内部で激しい議論が行われた結果であり、最初から決まっていたわけではないと証言している(オーラル・ヒストリー)。ただし、6人のうち2人が選別主義を否定したとのことだが、その2人が誰かは明らかにされていない。太田が都知事選に出ずに、合化労連委員長のままであれば、まったく違う方向になっただろう。

労戦統一は、1989年に現在の連合が出来たときに達成されたということになっているが、これは勝者の論理であり、共産党系の全労連と、それから連合・全労連のいずれにも行けない総評系の組合の受け入れになった全労協も出来た。しかも、新聞労連や全港湾のように、そもそもナショナルセンターに入らないという道を選んだ産別もある(そして、この両者は連合からの誘いを断っている)。共産党系の統一労組懇排除の方向は、少なくとも、自治労、日教組にとっては組合分裂の契機になった(分裂組は全労連加盟の自治労連、全教になっている)。

総同盟内での左右対立が激しくなったのが1923年くらい(共産党結党はその前年)なので、右派社会党→民社党、総同盟ないし全労会議→同盟の系譜の人たちは今でも連合にいるわけだが、もし民進党が共産党と選挙協力をしてそれを支援するということになれば、90年以上続いてきた先人たちの歴史を書き換えるかもしれない岐路に立っているといえる。

これ、「連合」成立の経緯を考えたら、大変な決断です。私が恐れている最悪のシナリオは、いずれの結論にせよ、大した論争にもならず、なんとなく決まっていってしまうことです。喧々諤々、メッチャ、揉めなきゃいかんとこですよ。
部屋の本を整理したら、孫田良平先生のところからもらってきた岡田完二郎『労働問題の背後にあるもの』が出てきた。この本の冒頭のエッセイで岡田さんが公職追放前に中労委の使用者側委員をやっていたころの話があって、面白い。ところどころ抜粋。

開会の辞のあと、「中立委員は誰が選んだんだ、僕は同意してないぞ!!」と、割れ鐘のような大声で怒鳴るものがある。見れば、荒畑さんの左で「徳田委員」と書いてある。ああ!これが有名な徳田球一氏かと私はビックリした。

芦田厚生大臣と徳球のやりとりがあったあと、大臣が職権で任命しようとすると、末弘厳太郎が

「大臣一寸お待ち下さい。今日のこの歴史的なお芽出度い日に、始めつから例外規定を適用するのはどうかと思います。私の解釈では、労働者側委員の同意というのは、その一人一人の同意でなくても、労働者側委員が寄つて相談して決めたらよいと思う。ねえ、徳田君そうしたらどうかね」と折衷案を出した。徳田委員はサツパリしたもの
「ああ、それもよかろう、じや、ここで相談しようじやないか、西尾君一緒になつて反対しようじやないか」という。そちらを覗いてみると徳田委員の左に西尾末広氏、松岡駒吉氏が座つている。その左の松田長左衛門氏は病気欠席である。西尾さんはポカポカと煙草を吹かしながら、知らん顔で天井を見つめている。徳田委員はせき込んで、
「西尾君、君は愚図愚図しているからいかん、君と僕とここで手を握れば何でもできる、人民政府だつて明日からでも出来るんだ」
という西尾さんはおもむろに口を開いて
「徳田君、君は英雄だからねえ、君の党のことは何んでも君一人で出来るが、僕等の党は下から決議決議で積み上げて来るものだから、そうおいそれと簡単には決められんよ」
と言つて全く取り合おうとしない。すると徳田委員は急に気がついたように
「考えて見りや、僕は党を代表しているので、労働組合から選ばれてるんではない。これはおかしい。労働者側委員は、一体誰が決めたんだ」
と問題の焦点が急に移つていつた。そこで末弘さんが「そんなら労働組合から、代表を選んだらいいじやないか」と突込む。徳田委員は
「それが情無いことには、選挙母体になるような労働組合の連合ができていないんだ」
と兜を脱ぐ。末弘さんが「其連合体はいつ出来るんだ」と聞くと、徳田委員が
「五月頃出来る見込だ」
と応えたので、末弘さんがすかさず「それでは五月末まで、君等もその儘やつて、中立委員もそのとき改選することにしようじやないか」と切り出した。
「うむ、それもいいな」
と徳田委員は案外あつさりと言い、ここに始めて会議が軌道に乗り、(後略)

なんてエピソードが出てきます。言うまでもなく産別会議結成前夜の話で(1946年3月のことでしょう)、ああ2・1ストの大転換までは労働組合とか関係なく、徳球が政府委員をやっていたのだなとか、なかなか感慨深いですね。この後、専従労組役員に賃金を支払ってはいけないと徳田委員、荒畑(寒村)委員と岡田委員の三人だけが主張したという不思議な組み合わせの話も面白いです。

この本自体、後半の講演を読むと、昔の使用者は博識だなあという感想と、いやいや岡田完二郎だからか、という感慨とが交差していきます。岡田はこの本が出版されたとき、宇部興産副社長ですが、宇部興産は太田薫総評議長の出身企業で、要するに、岡田と太田は対峙したんだなということもわかります(岡田が公職追放されて宇部興産に入るのは1947年です)。なお、岡田は公職追放を受けて古河鉱業社長と中労委を辞め、宇部興産を務めた後、古河系の富士通の社長になって池田敏雄を支え、日本のコンピュータ産業を飛躍させていきました。
濱口先生に再度、リプライをいただいたのですが、最後に「私がここがキモよ、ここを読んでね、というつもりで書いたところを、そういう風にとっていただけていないことが、交通渋滞の原因かな」と書かれている点に尽きるなと、私も思いました。

マル経や小池理論が出てくる以前から、女性の低賃金問題はあったわけで、それを男性を中心とした雇用構造から説明しようというのが濱口先生の立場で、私は女性の働き方そのものからもっと説明すべきだと考えている、というのが大きい違いのような気がします。考え方や何かという意味では大きな影響力があっても、現実の女性が低賃金であることに、マル経はもちろん、小池理論でさえもそこまで影響力はなかったと思うので、たとえそこが「キモ」であっても、私はあまり意味があるとは思えないのです。

今、ソーシャルに関心があって、ジェンダー平等よりも、小池理論やマル経を勉強している層というのは、ほとんどいないと思いますが、ここらあたりの感覚は、濱口先生と私の世代間の実感差なのかなという感じもしてきました。たしかに、私のまわりは、社会政策学会に入っていなくとも、社会政策関係に関心がある人が多いので、そういう意味では、ジェンダー平等についての理解は世間よりはあるかもしれません(というか、私はあんまり学会の人と付き合ってないので、社会政策学会の全体がどうかはよく分かりません)。しかし、世間はそうではない人の方が多いし、彼らに語りかけなければならないんだよと言われれば、そうかもしれません。彼らと勢いで書いてしまいましたが、ある世代より上の男性層が念頭にあります。でも、そういう人たちが濱口先生の本でも女性労働の本なんか読んでくれるんですかね。正直、私はそこへの働きかけはまるっきりあきらめています。本書を読んで、省みるということもありそうもない感じがしますが。

よい悪いではなく、小池先生の『仕事の経済学』にしても、知的熟練の話を別にしても、統計データなども古くなっている。先生はそれを改訂されてきたけれども、最後の版が10年前ですからね。読まれなくなっていくのは仕方ないです。そんなこと言えば、孫田先生にせよ、白井泰四郎先生にせよ、よい入門テキストがありますが、今は読まれなくなっています。時間が経ってるんだから、仕方ないですね。そういう意味でも、小池理論やマル経をわざわざ取り上げなくてもよかったのではと思いました。

私自身もそうですが、わりと濱口先生のものを若者に勧めて来たんですよね。特に、私が勧める対象は講義を受ける大学生が多いので初学者です。昔の理論に囚われている人に対する処方箋は、初学者にとっては有害な場合もある。これは私の考えですが、まずはマルクス経済学でも、小池理論でも、近代経済学でも、なんでもいいんですが、どうせ勉強するならば、オーソドックスな見解に即した形でまず、勉強する方がよいと思うのです(ただ、私はマル経や小池理論を学ぶことを勧めている訳ではありません。あくまでどうせ勉強するならば、です)。そういう意味では、やはり「捻れ」を加えられていると、初学者には勧められないんですね。まあ、もともと濱口先生の本にはそういう傾向はありましたし、わざわざそういう風にして問題提起するというのが狙いなので、それはそれで仕方ないですし、それが初学者にとってはデメリットである点を踏まえても勧めてきましたが、今回はデメリットの方が大きいと思います。

もう一つ、主流の学説が女性差別そのものを許容する構造を持っているということを問題にしてきて、新しく読み替えるべきだと頑張ってきたのは、たとえその試みが必ずしも成功していないとはいえ、竹中恵美子先生ではないかと思います。マルクス経済学ということでいうならば、その枠組みの中で、そういう傾向を変革しようとした竹中先生こそが重要でしょう。前に書いたときは、現在の話でしたので、歴史、ということになるとまったく竹中先生の位置づけも変わってきます。

山下ゆさんへのリプライを読んで、ああ、こう書けば分かってもらえると思ったのですが、濱口先生のおっしゃる「キモ」の部分こそ先に削除して、「家族システムとの噛み合い」をメインに据えた方がよかった、というのが私の感想です。それこそが女性の低賃金を正当化させてきた最大の理由であり、それなしに女性労働の全体は見えないだろうと思います。その外部のシステムとの関係があるからこそ他の著作も勧められるのであって、それがなければ、『新しい労働社会』で『日本の雇用と労働法』の二冊で十分です。というか、そもそも二冊でさえも読んでくれるか分かんないし(汗)。
深夜のツイートをhamachanに捕捉されまして、エントリにしていただいたので、少しこのことについて書き足しておきます。以前、濱口先生と議論したのは労働組合の三つの機能で、一般に言われるビジネス・ユニオニズムとソーシャル・ユニオニズム、そして、あまり一般に使われることのないポリティカル・ユニオニズムでしたけれども、私の発言の趣旨は前二者が十分に育つ前に、ポリティカルに直面せざるを得なかったということです。

ソーシャルがナショナルにひきつけられていくのは、政府などの一部の指導層が誘導したというよりは、日本主義組合ですよ。これは反共であり、反近代=反欧化という側面を持っていました。で、結果的に、共産主義のカウンターパートという役割を果たすことになるわけで、この流れが戦時期のソーシャルに流れ込んでいく。普通選挙も重要ですが、その施行以前からとっくに組合は、政治運動の渦中にありました。なお、この時期の労働組合はある意味、社会運動のリーダー的な存在でした。というのも、数年ですが、労働組合運動が早く始まったから、運動のノウハウも持っていたからです。それで、組合の話だけ、とりあえずします。

普通選挙があろうとなかろうと、ロシア革命以降は、労働組合は政治運動のなかに飛び込んでいったわけです。ところが、総同盟は、というより、関東の執行部は、有名な現実主義路線を展開しようとします。これは通常、労使協調路線という点だけが理解されているわけですが、実は1922年の大会の時点では普通選挙の要求さえも取り下げていた。この数年前、棚橋小虎が有名な「労働組合に還れ」という論文を書きます。政治運動じゃなくて、本来の労働組合運動に戻ろうという呼びかけです。棚橋はこの直後、総同盟を辞めますが、松岡・鈴木らは基本的に同じ立場とみていいでしょう。その彼らは、政治運動自体を放棄しようとしていた。それをすぐに撤回したのは普通選挙が実現したからです。まあ、ここら辺は「工場委員会から産業報国会へ」の中に書きましたので、ご関心のある方はご覧下さい(41頁です)。そういう経緯があったので、もし、もう少し普通選挙が実現しなければ、労働運動は大きく変わったかもしれません。

その理由も書こうかと思いましたが、それはあまりに学術から離れるので、やめておきましょう。ぜひ聞きたい人は、土曜日の社会運動ユニオニズム研究会にいらしてください。空き時間にでも直接、お話しします。予約は明日までで、たぶん、まだ空きがあるでしょう。というか、その準備をしなければならないのです。