FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
武田晴人先生が『異端の試み』を公刊された。この研究は1990年代に行わた講義をもとに先生のホームページ上で公開されていたもので、00年代に日本経済史研究に何らかの関心をもって勉強した人はおそらく繰り返し読んだのではないかと思われる。少なくとも、私にとっては二村一夫先生のホームページと同じくらい意味があった。単著になって公開が終わってしまったので、将来的に継承されにくくなったのではないかと思うと、かなり残念だが、いずれ武田先生を知らない世代になれば、ウェブにあってもきっと読まれなくなるだろうから、それもまた仕方ないことなのだろう。

このタイトルを見たときに、まっ先に思い浮かんだのは、天野郁夫先生の教育社会学研究に書かれた論文のことで、私はこれを「異端」論文だと思ったら、こちらは「辺境性と境界人性」というタイトルであった。ただ、実際には言葉遣いが違うだけで、言っていることはきわめて似ていると思う。武田先生の場合、日本経済史研究には日本の資本主義を明らかにするという課題があって、いかにもその中心であった繊維産業をやっている石井寛治先生や高村直助先生にはそうした逡巡はないけれども、周辺的な産業である産銅業史をやっていたために、日本資本主義という正統との関係で自分を問い直す必要があった。天野先生の場合、教育領域には「正統的な教育学」との対比においてアイデンティティを論じられている。教育社会学の方は、私は社会福祉学と似ているという認識をもっていて、社会福祉学はそれ自体は今は崩壊してなくなったかつてのマルクス経済学にもとづく社会政策学を正統とし(その根拠は極めて怪しいと私は思っているが)、そこから独立した「固有性」を明らかにすることを長い間、課題にしてきた。社会福祉の歴史研究の中では、今でも具体的な人物を消して科学化することを重視する姿勢があることを聞くが、半世紀の間、昭和史論争の影響もなく、古い社会科学観を継承していると思うと、柳田国男の方言周圏論が思い起こされる。

異端であるには正統の存在が欠かせない。武田先生の本を通じて感じるのは「正統」をどう理解するのか、という徹底的な研究であり、これこそが先行研究を学習することの正道ではないか、と思う。そして、残念なことに、このような正道はどの分野においても踏襲されているわけではない、ということである。なぜ、このようなことが可能な領域と、難しい領域があるのかと考えると、私は抽象レベルの高い理論的なコア(時代によっては本質論)があるかどうかが重要な気がしている。

かつての日本経済史研究では、それは間違いなく、日本資本主義の構造的理解だった。少なくとも、東大経済では私たちの上の世代までは山田盛太郎の『日本資本主義分析』をよく読んでいて、一次史料を使い、史料の中に埋没しがちな研究の中で、結果的に抽象的な思考法を身につけていたように思う。比較制度分析は、それ自体が異端の試みであったが、従来の日本資本主義に代替するモデルを示し得たかというと、示せなかったのではないだろうか。これは、別にそこに可能性がなかったというわけではなく、いわゆる今の主流派経済学の学説史的な流れを踏まえなければならず、そこには制度学派との対立や、そこから新たに出てくる新制度学派的な立ち位置などを見通す必要があり、それはそれで結構、学説史を勉強しなければならないし、そういう意味での海図になるような研究もない。日本では速水先生たちが始めた人口関連の計量経済史もそうだが、新しい分野を始めようとすると、理論、一次史料、分析を揃えるところまでは行くのだが、その後、それを螺旋の様に発展させるのは難しい。比較制度分析は、既に発展した一次史料と分析が蓄積されており、理論の部分だけを置き換えようとしたのだが、このアンバランスさのなかで発展させていくのは非常に難しいことだったんだろうなと今では思う。しかも、用語が違うだけで、マルクス経済学と主流派経済学には経済学として共通する考え方もあるので、全部を置き換えるということにもならず、それだったら、新しくしなくてもいいんじゃないか、というようなことも起こった。青木先生も基本的にはマルクス経済学出身なわけだし。全然違うと言えば、旧制度学派の方だけれども、こちらは帰納型だから、純度の高い理論足り得ないし、そこに良い点もあるので、難しいし、法とかは国ごとに違うし、あまり現実的ではない(ことはないかもしれないが、私には分からない)。

ここらあたりになると、小西甚一先生の「雅」と「俗」のバランスを描いたことと通じており、日本文藝史を睥睨して盛衰があるのだから、人文社会科学に盛衰があるのも仕方ないという気もしてくる。ただ、天野先生が論じているのは「俗」の部分、形式が整っておらず、だからこそ豊かな可能性があるという話で、これは非常に分かりやすいのだが、武田先生の方は「雅」を一方で極めながら、「俗」たらんことを重視している点が面白い。比較制度分析は一つの「雅」を代替する試みだったが、そういうものが出ること自体、一つの歴史(研究史)の転換であったのだろうと思う。ここらあたりは武田先生の岡崎先生評価に関するところを読むと示唆深い。
スポンサーサイト
「社会的なもの」考察の旅が混迷を極めていて、なぜか黒田俊雄の顕密体制論まで読むことになるという展開を迎えています。それで、いつものように行き詰まったところで、ツイッターでつぶやいたところ、ほんの少し島薗先生とやりとりをさせていただきました。短いやりとりでしたが、面白い論点が詰まっているように思います。一応、「顕密体制とマルクス主義?」にトゥギャっておきました。

レーヴィットの二階建て論は有名で、昔の方はみんな知っていたと思いますが、なんで思い出したかというと、最近読んだ清水正之さんの新著『日本思想全史』の最後のところで、この話が書いてあったんですね。レーヴィットの話は簡単に言えば、日本人は頭で考えている西洋思想と、自分たちの生活様式が乖離していて、まるで二階建てのようで、西洋人から見ると、その間のはしごが外されていて戸惑わざるを得ない、という趣旨だったように思います。まあ、今、原典を確かめてないので不正確かもしれませんが。


日本思想全史 (ちくま新書)日本思想全史 (ちくま新書)
(2014/11/05)
清水 正之

商品詳細を見る


いずれにせよ、この話は結構、示唆的ですよね。島薗先生から市民社会派の丸山真男の名前が出たことは偶然ですが、市民社会派の先生が実際は院生を使い倒した話などはおそらく社会科学系の研究者と付き合いがある方ならば、一度は聞いたことがあるのではないかと思います。まあ、今まではこういう言っていることとやっていることが全然違うという意味で、不誠実の一語で片付けることが出来る現象に、我々はどうしても引きつけられガチだったんですが、このレーヴィットの話って、もっと深いところに根ざしているんだろうなと考え直しています。

一つは、清水さんの日本人の思想選択の発想、これは山本七平もかつて鈴木正三をめぐって考察しました(私の中ではあの『勤勉の哲学』と『洪思翊中将の処刑』がベストだと思います)。そうはいっても、日本人の思想といっても、生活規範が伴うものはわりと実践と思想が一致していたと思います。全国津々浦々に銅像があった二宮尊徳の報徳思想なんかもそれですね。ただ、あれは尊徳自身ではなく、弟子の岡田一族が中興の祖ですが。

話が拡散するので、少しだけ戻しますが、私、このまとめのなかで最後につぶやいた島薗先生のご研究というのはたぶん『精神世界のゆくえ』が念頭にありました(私が読んだのは旧版です)。この本はベースはどちらかと言うと、丸山よりというか、知識社会学的に客観的に書こうとされているんだけれども、島薗先生自身、各種のセミナーに参加して、影響を受けたことは認めてらっしゃるんですね。


精神世界のゆくえ―宗教・近代・霊性精神世界のゆくえ―宗教・近代・霊性
(2007/07)
島薗 進

商品詳細を見る


ここで多分、問題は二つある。一つは、観察者問題。これはたぶん、現象学の影響を受けた新しい社会学(ここではアルマの『新しい社会学のあゆみ』が念頭にあります)とも通底していますね。もともと、19世紀から20世紀にかけての社会学や社会政策は、現状変更を企図する社会改良主義が根強くて、しばしば規範的思想とも結びつきやすかった。それに対して主観からは自由であり得ないにしても、それはとりあえず括弧でくくっておいて、客観的にやろうぜというのがヴェーバーの提案で、それは広く受け入れられたと思います。おそらく、その前提を継承しつつ、方法をつきつめていったら、やっぱり括弧でくくりきれないよね、というところに帰着したのではないでしょうか。

もう一つは、これも認識論という次元では前者と共通するんですが、いわゆる宗教現象になると、これが現実としてあるという前提で議論を進めるのか、ないという前提で議論を進めるのか、中立で進めるのかで立場が異なって来ます。私自身は実在論的な立場ですけれども、実際の議論を進めて行く上はそれとは別ですね。ただ「なし」という前提で進めるのは困難で、あるかもしれないけれども、ないかもしれないという玉串色でいくしかないかなと思っています。まあ、そもそも現象学自体がそもそも現代の科学がよってたつその認識基盤の問い直しという意味があったわけですから、当然ですね。

日本には、思想というより、イデオロギーや運動と結ぶついた一派がかつていて、運動ないし実践と学問の距離をいろんな分野で問題にしていました。でも、これは今、書いて来たことから考えると、だいぶ、表層の話なんですよね。だから、二階建ての思想みたいなものが成立し得る。

そうはいっても、西田幾多郎の純粋経験などは、運動と関係ない次元での、実践(この場合、経験と書いた方が正確でしょうね)と結びついていて、なおかつ現象学やプラグマティズムとも関係が深かったわけで、こういうものを背景に、進めて行く道もあったのではないかと思います。そうならなかったことを考える上での、一つの答えがレーヴィットの議論にあるように思うのです。
今月の頭に6大学合同のゼミ合宿なるものにコメンテーターとして呼ばれ、学生の報告にコメントして参りました。行く前から学生が優秀だという話は聞いていたけれども、実際、優秀でした。正直、驚きました。私のコメントの姿勢は出来るだけ学生の皆さんのよいところを探してそれを褒めるというのが原則ですが、もっとも内容のレベルが高かった埼玉大(禹さんのゼミ)の報告にだけは厳しいコメントをしました。

正直に白状しますと、彼らに向かって言った二つ目のコメント、聴衆を見て、分かる言葉で語りかけなければならない、というのは私にこそ必要な言葉です。ただ、彼らには学部レベルの報告としてこれ以上、どこにも文句のつけようがなかった。いや、多分、そのあたりの労使関係研究者だって、これだけの多様な領域を考えるというのは難しいでしょう。それくらいのレベルでした。もし、内容からコメントするならば、完全に学術的な論争になってしまう(彼らというより、禹さんとの(笑))。それはあの場でやるべきではなかったというのが私の判断です。けれども、多分、その内容の高度さゆえに、他の学校の学生たちはほとんど理解できていなかったと思います。それを相手の勉強が足りないと思ってはいけない。そういう相手に分かるようにプレゼンすることの方が社会に出たら重要です。正論だけど、自分で出来ていないことを注意するのは辛いですね。

全体を通して総合的にみると、質疑応答で討論の能力がもっとも秀でていたのは彼らです(個別には他の学校にもすごい子たちがいましたが)。だからこそ、言わなければならなかったのです。大学で培った議論の能力は決して誰かを攻撃するために身につけるものではない、ということを伝えたかったのです。夕食の時にその話をした子は分かってくれました。そういう観点でみると、福島大の女の子二人は優秀でした。もちろん、ディベートとは何かという共通了解があれば話は別ですが、普通、そんなものは期待できないし、社会に出ればおそらくもっと期待できない(笑)。そういう中で重要なのは相手の議論を捩じ伏せる攻撃力だけではなく、相手の言っていることとの相違点を明らかにする根気です。前提条件が違えば、一見同じ問題を議論しているようでも、正反対の結論が出てくるなんてことはよくあることです。内容のレベルよりもそういう基本的な姿勢を学ぶことの方が大学時代には重要な気がします。

私のコメントの後、禹さんが全体にコメントしてくださいました。私の埼玉大へのコメントのもう一つは、君たちの報告はよく勉強したことは分かるが、ただそれだけで面白くないというものでした。何が問題か分からない。現代のどういう問題と結びつくのか、あるいは、自分のどういう問題と結びつくのかでもいいから、そういう問題意識がないと訴えたいことが分からないと言ったのです。禹さんは私のコメントに対して、彼らを弁護してあげたいお気持ちもあったのだと思いますが、歴史を勉強する意味には、自分という枠を超えて考える意味がある、という趣旨のことを仰いました。私もその限りでは反対しません。しかし、やはり歴史を勉強するときには現代との対話が私にとって第一に来ます。

昔、文学部出身の経済史の先輩が現代へのインプリケーションがないと歴史研究ではないのか、という趣旨のことをよく愚痴っていました。私もその思いは分かるんです。歴史研究では単に新しい事実発掘が重要な場合がある。もちろん、その先には新しい論点がある。しかし、その論文内ではまだそこまで論じる証拠が足りないかもしれない。そういうことはあり得ると思うのです。どちらかというと、私も昔はこちらの立場に共感していました。

ただ歴史研究は現代の出来事を観察している自分と切り離せない、だからこそ何度でも書き換えられるんだという趣旨のことを森建資先生はよく仰っていました。同じ趣旨を丁寧に説明しているのが私の記憶では名著『歴史とは何か』岩波新書のカーです。また、武田晴人先生の研究史整理の講義からはその時代時代の問題意識が研究の視点に影響を与えているということを実地で教わりました。そういう経験から振り返ってみると、やはり、現代の自分という問題意識は重要です。もちろん、ここでいう自分は生活実感レベルには留まっていません。

と、こんな風に「自分」にこだわると、そのうち、哲学的な迷宮に入り込んでしまうわけですが、歴史研究者には素晴らしい本を書いてくださった方がいます。それが表題の本です。多くの方はご存じだと思いますが、阿部謹也先生の書かれた歴史入門書です。ちくま文庫に入っています。これは百聞は一見に如かず、真面目に歴史を考えたい方にはお勧めの一冊です。
『河合栄治郎』を読みながら、いろいろと感慨深かった。読んでいるうちに思い出したことだが、私もまた、当時ゼミの先生から『学生に与う』を読むべき本としてあげられ、一気呵成のうちに読んだものだった。思えば、社会思想社が倒産したのが2002年、私が文庫版を買ったのがおそらく大学3年生だった2000年であるから、本当の意味で最後の世代であろう。その当時、私は誰と語ることもなく、学問への憧れを内に秘めたままであった。すっかり忘れていた。

松井さんはあとがきにこう書いている。
大学に進学し、偶然『学生に与う』を読むことで、河合の人物と思想の虜になった。今日にいたるまで、河合研究を続けている所以である。

この松井さんの姿勢は、ここまで執念深く考証を積み上げることを可能にした原動力であり、そして、それゆえにこそ分析の甘さなどの弱点にもなっている。だが、そういうことを超えて、ここまで河合栄治郎に惚れ込んで、その思想を継承せんとするその気魄が一貫していたと聞くと、非常に羨ましいというのが率直な感想である。私はもちろん、松井さんが書かれた『戦闘的自由主義者河合栄治郎』も読んでいる。

私自身は松井さんとは全く逆に、河合栄治郎をどうやって相対化するのか、ということに重点を置いてきた。それは私が社会政策を専攻したからであり、この領域において河合栄治郎はいまだ、正当にも不当にも位置づけられていない。だが、社会政策については追々、語るとしよう。

松井さんの最初の本が出た頃から、徐々に河合栄治郎を再評価する動きが出て来た。というより、現在の大学に危機感を持つ人たち、そして、かつての教養主義の薫陶を受けてきた人たちが教養主義を考え直そうとしたのが大きい要因であろうと思う。松井さんの前著はその流れを作ったきっかけであったのかもしれない。そして、おそらく、この問題で無視できないのが竹内洋三部作(と呼ぶかどうかは知らないが)『大学という病』『教養主義の没落』『丸山真男の時代』の三冊ではないだろうか。私は実は竹内さんの本が苦手で『日本のメリトクラシー』『立身出世主義』『パブリックスクール』『立志・苦学・出世』『学歴貴族の栄光と挫折』までしか読んでいない(ような気がする。ひょっとしたら『教養主義の没落』は読んだかもしれない)。何れも真剣に対峙しなければならない本だとは思うが、正直に言うと、私はある種のエリート主義が苦手なので、敬遠気味である。ついでに言うと、私が大学院に入ったときは『メリトクラシー』が秘かに人気を集めていた。

しかし、この本を読んでこれからの時代に必要な教養主義が再構築できるかどうか、もっといえば、河合栄治郎を突き詰めることで教養主義の道筋が現れるかどうか、と問われたら、残念ながら、私は否と答えなくてはならない。はっきり言って、大学は河合栄治郎が受けた苦難の時代とはまったく別の形で、自治の危機に陥っている。すなわち、学生自治の危機である。それも当局による弾圧とか、そんな派手なものではなく、徐々にしかし確実に進行している。(続く)
現代では、労働問題にせよ、社会福祉にせよ、いわゆる社会的弱者に対する問題関心からスタートしたことによる、思考の縛りがどこかしらにあるのではないのか、と考えることがある。

たとえば、労働問題はもともとブルーカラーを対象にしていた。19世紀末日本の職工はまだまだ社会的弱者であり、彼らには生活面においてもしばしば救済が必要であった。時は流れて、戦後、ブルーカラーとホワイトカラーの身分差が撤廃されたにもかかわらず、労働問題研究や労使関係研究の中で扱われるのは、相変わらずブルーカラーであることが多かった。こうした現象は技術革新の大部分を外生変数としてきたこと、および内生変数と捉えても、QCサークル活動がやたらと強調されてきたことと無関係ではない。それによって見逃されたことも多いのではないか?ホワイトカラーの研究が少しずつ始まったのはここ20年くらいのことに過ぎない。

社会福祉は社会事業の流れからして「援助」が基本にあった。そして、今もある。社会福祉の領域が大きく転換したのは、いわゆる高齢化社会が喧伝されるようになった1970年代ごろからだが、やはりそこでの第一の問題は、介護という援助、である。そこから、家族の問題、ジェンダーの問題へと領域を拡延していくのである。私は以前、社会政策の根本が貧困問題にあるという趣旨のタイトルをつけたことがあったが、あれは実はやや誇張されている嫌いがある。というのも、系譜論的に言うと、貧困研究は社会福祉(社会事業)の延長線上に位置づけられるが、本来、社会事業は何も貧困者だけを対象にしていたわけではない。ただ、貧困者のうちに社会問題を見つけやすいので、中心であったというだけに過ぎない。それは単純に貧困によって生活困難(要支援)の状態に陥るというだけの意味ではない。たとえば、精神病患者が貧困者層と富裕層の間でどのように分布しているか明らかではないが、富裕層だったら自宅に隠しておくことも出来るが、貧困層はそんな余裕はまったくない。そういう意味で貧困層はそこに踏み入って真剣に調べれば、不謹慎な言い方だが、様々な社会問題を発見できる宝庫であったともいえる。

中西先生の『日本近代化の基礎過程』や東條さんの製糸女工の話は、方法的には非常に魅力的で、社会のある細部をそれこそ微細に観察することによって、社会そのものを観察しようとしている。その意味では、貧困層を徹底的に分析することで、社会の深部に辿り着くという道筋も荒唐無稽とはいえないだろう。実際、なんらかのメンタルな問題を抱えて産業社会を脱落せざるを得なかった者がホームレス社会の中に存在したとき、その人の脱落せざるを得なかった原因を解析することは、産業社会の構造を分析することに繋がるかもしれない。もちろん、我々は、かつてフロイドの精神分析が「精神障害者ばかりを扱って人間精神を明らかにできるのか」という疑問を再三再四、投げかけられたように、こうした仮説に同じロジックをぶつけることだってできる。

冒頭のブルーカラーの話だって、こういう枠組みが多くのことを明らかにしてきた事実は否定できない。それと同時に限界があることも意識しなければならないだろう。結局、また、バランスだよね、という当たり前の結論に辿り着いてしまうわけだが・・・、正味のところ、結論自体は大した意味はなく、こうしたウダウダいうプロセスをたまに思い出すのはいくばくかの意味があるかもしれない。強みと限界は基本的な話なので知ってるようでいて、だからこそすっかり忘れてしまったりするからだ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。