FC2ブログ
 (1)では、岩田先生がなさっている研究、および貧困調査に関わる問題がきわめて重要であることを確認した。しかし、『現代の貧困』に提示されている「社会的排除」とその克服である「社会的包摂」という輸入概念でその解決の方向を示されると、それは必ずしも説得的ではないように思う。問題を投げかけたまま思案投げ首の態を決め込むよりも、意見を提示するのは全く誠実な姿勢であることを前提として受け入れた上で、私はあえてこう言いたいのである。ただし、何も住宅手当その他の具体的な提案に反対しているわけではない。問題はそうした個別具体的な「貧困政策」の正当性に関するグランド・セオリーがよく見えないのだ。そして、そのグラウンド・セオリーこそ、社会政策論であるべきだったのではないか。

 かつての社会福祉政策、イギリス流のソーシャル・ポリシーは私の見るところ、徐々に「社会政策」という言葉をドイツ派の伝統的「社会政策」から大した理論的な葛藤も経験せずに、奪いつつある。おそらく、それは学問それ自体よりも組織力、およびドイツ派「社会政策」の衰退によって、なし崩し的に達成されつつあるのである。端的に言えば、段々、社会政策は「Sozialpolitik」だと頑張る人が減ったのである。まぁ、派閥争いをしても生産的ではないので、そんな争いが起こらないのは結構なことだ。ちなみに、ご存じない方もいらっしゃるかもしれないが、大正時代の「社会政策」の英訳は元々、ソーシャル・リフォームであって、ソーシャル・ポリシーではない。どちらか言うと、「社会政策」に最初からそういう意図が込められていたというよりは、ソーシャル・リフォームの訳語が揺れながら、同じ言葉のなかに収斂していったという方が正しいだろう。

 それはともかく、昔から繰り返されてきた議論のうち、ひどく厄介なものは、社会政策の「社会」が一体何を指すのか、ということである。たとえば、「ソーシャル・インクルージョン=社会的包摂」といったときの元となる「社会」とは何を意味しているのだろうか。文脈から考えると、この場合の社会とは「日本社会」のことであろう。差当り地理的な条件から日本国の固有領土で成立している社会総体といってもよい(海外の日本人コミュニティは除いてよいだろう)。そこに住む人がお互いを認め合える社会、反対しにくいポリティカル・コレクト。しかし、左派以外の人には現実的な政策理念として響かないだろう。強いて反対すべくもないという感じだろうか。

 日常生活を送る上で社会的排除を受けていようとも、貧困問題は現に社会と繋がっており、切り離すことは出来ない。たとえば、スティグマの問題はその証拠であろう。貧困に陥ったことによって何らかのインフェリオリティ・コンプレックスを感じるならば、それは排除した社会の価値観に基づいているといえるだろう。もし、そうした劣等感が本人にとってあるいは社会全体にとって問題であるとするならば、論理構成上、排除する側の社会の価値観自体にも問題があることになる。だが、それを「現代日本社会の病理」などといっても、何も説明したことにはならないだろう。その善し悪しは問わずとも、価値観を共有しているという点において、全体社会は成立するのである。共通認識としておけるのはここまでだ。

 そうした価値観を丸ごと変容させて、排除していた人たちも排除されていた人たちもみんなハッピーな社会にすると考えるのならば、それはまさに古きソーシャル・リフォーム(社会改良)の考え方である。もし、そんなことを実現可能な青写真があるならば、これ以上のものはないだろう。では、その理想の価値観とはそもそもどういうもので、それを実現するにはどうすればよいのか。けだしこの問題を考えることは社会政策の本流であろう。

 とはいうものの、社会改良ないし社会政策における戦略上、ないし戦術上の橋頭堡としての貧困問題の意義は疑い得ないと思うが、貧困問題を解決しなければならないもっとも説得的な理由とは何かと考えてみると、実はよく分からない。また、引き続き、考えてみることにしよう。
スポンサーサイト



 19世紀に社会政策が産声をあげたとき、もっとも重要な社会問題は貧困であった。シュタインを引き継いだ金井延はヨーロッパから帰国した後、東京の貧民街を見学に行く。彼はイギリスのトインビーホールをはじめとした先進的な社会事業について見学してきたのである。明治20年代の日本ではまだ、貧困問題が資本主義が齎す構造的な問題であることが明らかではなかった。しかし、金井はやがて遠からず、社会的にも認識されるだろうという見通しを持っていた。その見通しは正しかった。爾来、高度成長期にいたるまで貧困は日本の重要な社会問題の一つであり続けた。しかし、経済成長が始まり、社会全体が豊かになると、貧困の存在は多くの人の意識から徐々に忘れ去られていった。

 ところが、こうした高度成長の下にかえって問題が見えにくくなってしまったという意識から、一貫して隠された貧困の探索をした研究者たちがいた。その代表的人物が江口英一先生である。岩田正美先生は江口先生の弟子の一人で、現在、日本の貧困研究の第一人者である。岩田先生が出された『現代の貧困』ちくま新書、2007年は快心の一冊である。重要なトピックがほぼ網羅されている。私は「社会政策」を教えている学生たちに「話していることを全部理解する必要はない、最低限、この本だけ読めばいい」と言ってあるくらいだ。

 貧困問題を考える際、基本的な点は貧困が個人の問題ではなく、社会的な構造によってそこから抜け出せない人がいるという認識を持つことである。個人に還元できない社会的な構造とは何かが問題になる。個人と社会の関係はデュルケームなどが発した古くて新しい、社会学の根本とも言うべき問いである。岩田先生の場合、貧困者の属性(たとえば、母子家庭)を論じている。平たく言ってしまえば、個人の責任で片付けられない社会的要因が利いているんだから、社会全体で考えましょう、ということだ。

 次のステップは貧困問題が存在している場所の把握である。この本では全体を通して、貧困をどうやって把握すればいいのか繰り返し論じられている。あるときはご自身の調査から貧困の多様性を指摘し、そのせいで全体的な把握が難しいことを説き、しかし、別のときにはそういう限界を承知で統計を使いながら、全体像を描こうと試みたりしている。もちろん、専門家なのにそんなことさえ分からないのかと非難するのは簡単である。しかし、分かって欲しいのは岩田先生は本当のプロだからこそ、分からない点をはっきり打ち出しているということだ。逆に言うと、分かってない事柄をさも分かっているかのように錯覚することが問題の解決を難しくする。だからこそ、丁寧に貧困を説明しているのだ。

 岩田先生の方法は統計学が発達する以前の統計に非常に近い。現在でも、統計には但し書きがついているが、かつての統計はそれどころではなく、むしろ、数字は全体の一部分に過ぎなかった。統計学の発展は19世紀から20世紀初頭にかけての科学信仰と結びついている。元々、ケトレーにおいては数学を使い、統計で明らかにすべき法則は神の法則と分かちがたく結びついていた。科学は自らが信仰となり、神への信仰を奪い、捨て去って後、技術だけが残った。かつての統計はイメージとしては現在の白書や各種報告書のようなものであろう。調査部分、もっと端的に言えば、記述部分が多いのである。

 この本を読んでいくと気がつくのは岩田先生の手法が実にたくさんあることである。ひょっとしたら、こうした分野に明るくない人にはそのテクニカルな煩雑さだけで飽きてしまうかもしれない。教科書的と何度も書かれた貧困ラインは原語ではpoverty line、かつては貧困線と訳されていた。19世紀以来の分析手法である。そして、その貧困線のアイディア自体は保存されつつも、ヨーロッパでは様々な改良の試みが行われ、いくつもの基準が作られている。正にごった煮である。しかし、そういった体系に収まりきらない多様性こそがこの分野の面白さであり、それを描いた岩田先生の真骨頂でもあると私は思う。岩田先生の立場はラウントリーの科学性を批判的に紹介している点によく表れている。