FC2ブログ
禹さんの本には独特の読みにくさがある。今から振り返ってみると、ようやく私にも禹さんがやろうと思っていたことがおぼろげながら、分かってきた。ただし、禹さん自身も必ずしもちゃんと、意識化して言葉に出来なかった。件の研究会の発言をもとに少し再構成してみよう。

禹さんは、「身分」は普通言われているような、フォーマルなものを想定している。たとえば、ホワイトカラー、ブルーカラー、昔で言えば、傭人・雇員などである。この各身分を細かく割ったものが資格となる。だから、禹さんにとっては「身分」ははっきりしている。しかし、「取引」については何かまだすわりが悪くて、良い言葉があれば、取り替えたいと仰っている。

私自身はこのときから、禹さんは「身分」の中にインフォーマルな意味も含ませたのではないか、と考えていたのだが、それは違う、フォーマルな意味だと仰られた。実はこの禹さんの発言の前に、市原さんから「重要なのはメンバーシップなのでしょう」という振りがあった。

ここが重要なポイントだが、おそらく、禹さんは「身分」そのものではなく、メンバーシップを承認されることによって得られる「権利」の問題を論じていたのだと思う。ある種の資格(身分)を獲得することによって、それに伴う「権利」を得るということはよくあることだ。面白いことに、この資格の問題と権利の問題はしばしば混同されてきた。たとえば、T.H.マーシャルのcitizenshipは昔は市民権と訳されてきたが、最近では単にカタカナでシチズンシップと訳されているし、三部作を訳された岡田先生も晩年は「市民資格」という訳を使われるようになった(なお他にも「市民性」という訳語を使う人もいる)。マーシャルは市民権(civil right)のなかで20世紀以降に発達してきた社会権の問題をシチズンシップという大きなパースペクティブの中で議論しているのだ。

非常に分かりやすく言ってしまえば、この従業員であるという属性によって付与される「権利」の内容が、フォーマル・インフォーマルを問わず労使交渉によって伸縮自在、というのがポイントである。禹さんご自身がどれくらい意識的にそうされたか分からないが、メンバーシップの問題に主な関心があったため、タイトルには「労使」よりも「雇用」に焦点が当っている。ただ、ここが微妙で、雇用”関係”ではなく雇用”慣行”というところが面白い。実際の分析では、その”慣行”を決める労使交渉がメインである。その限りにおいては、立教の井上先生が辛らつな書評で、従来の労使関係分析の手法に比べ何が新しいのか、わざわざ言葉を変える意味があったのかと疑問を呈されたのも、ある意味、正鵠を射ていたといえよう。

この慣行ならびに慣習の意味を考えるには、森先生の雇用関係論を取り上げる必要があるのだが、このブログを始めた当初に書いたとおり、私の見る限りしっかり摂取されているとは言いがたい。

ちなみに、この「権利」の問題を論じた人がただ一人だけいる。すなわち、トマス・C・スミス先生である。ただ、私が知っている限りだと、『日本における社会史の伝統と創造』に収められた二本の論文は本当に画期的なのだが、あまりその画期性が共有されているとは思えない。今のままではただ名著であるという声価だけが確立して存在し、本自体は神棚に飾られるだけに終わってしまうような気がしてならない。
スポンサーサイト



東大経済に今はもうない15室と呼ばれる部屋があって、私はその最後の世代に属する。というのも、経済棟の改築によって、部屋番号が変わり、今は434(424?)室になっているからだ。

外部の方のためにご説明すると、東大の大学院では、院生が自分の専攻の自主ゼミを選択し、その自主ゼミ単位で部屋が割り振られている。私が読んだ自治会の昔の資料から推測すると、一昔前までは、部屋と自主ゼミが一致せず、というか、本当の意味で自主ゼミが研究や勉強する主体として機能していた頃は、部屋と自主ゼミが完全には一致してなかったらしい。おそらく自主ゼミが形骸化して、部屋割りの事務的な機能だけが残ったんだろう。多分、昔もあったと思うけれども、自主ゼミという形式的なものではなく、有志のメンバーが集まる勉強会は今でも行われているはずだ(労働はないけど)。

私が入った年は岡田真理子さん(現、和歌山大学)が新人の私のために読書会をやってくださって、おそらく、それが15室関連での本格的な勉強会としては最後のものになった。というか、書いていて思い出したのは、あれは今、一橋の猪飼さんがサバティカルだった佐口先生を巻き込んでやろうと言い出して、実際、先生に参加してもらった会もあったにもかかわらず、当の本人は一度も来ないので、岡田さんが責任をもって取りまとめていた、というのが真相だったかもしれない。

岡田さんが私の4つ上で、その2つ上が猪飼さん、それから埼玉大学の禹さんが同期だったと思う。その禹さんはこの世代近辺以降の15室の人たちの中ではボス的な存在である。というか、このことを書きたいために、余計なことを随分、書いてしまった。

その禹さんの博士論文が『「身分」の取引と日本の雇用慣行』である。この本は主として、戦前の国鉄の労使関係について書かれたものである。実は、法政の梅崎修さんが中心になってやっている労働史史料研究会(?)というマニアックな研究会があって、2006年1月27日に駿河台大学の市原博さん、梅崎さん、私で禹さんに国鉄の史料の話を伺ったことがある。そのときに、少しこの本の話題が議論にあがった。この研究会は自由なもので、参加者は大体知り合いだから、自由にいろいろ話せるのだ。

この研究会の最初の方の話は一応、「労働史史料研究会オーラル・ヒストリー」として活字の報告書になっていて、その初志が貫徹されていれば、全国の図書館に入っているはずだ。ただ、OPACにあんまり登録されてないのかもしれない(東大経済には梅崎さんに言われて、私が仲介して今までのオーラル・ヒストリーを全部入れたので、入ってるはずだけど、登録されてない)。ちなみに、梅崎さんは知る人ぞ知る労働史のオーラル・ヒストリーの中心的なオルガナイザー。その一端を大原の雑誌に「労働研究とオーラルヒストリー」として書かれている。

内輪話になってしまったので、次に改めて禹さんの本の話をします。
今更、こんな話をするのも野暮というか、ほぼ常識に属することだと私は信じているのだが、もともと日本語の「労使関係」という言葉は、上司と部下の関係に等しい。というのも、戦時期から各種統制の不合理からブルーカラーとホワイトカラーの労務管理上の統一が進み、両者の融合化が進んだ。そこで労働基準法では、周知の通り、ホワイトカラーもあわせて対象とすることになった。そのときに困ったのが、ホワイトカラーの名称である。

戦前は一般には労資関係における「労」は職工のことであり、「資」は職員以上と考えられていた。職員層にあえて労働者という言葉を使う場合は、「知的」という接頭辞がついた。これは理論的にそうなったのではなく、「労」の意味が最初に定着して、自然と慣習的にそうなったのだろう。しかし、今度は「労」の中に、ホワイトカラーを含めなければいけない。そこで考え出されたのが「使(用者)」という魔法の言葉である。非常に単純化して、比喩的に言えば、上司として扱われるときは「使用者」、被用者として扱われるときは「労働者」という階層の人たちを作り出したのである。このことを確認したい人は実際に労働基準法の第9条及び第10条に当られるとよいだろう。

一応、念のために断っておくが、私が言いたいのは実務的な問題ではない。当たり前だが、実際の社会秩序は(省令等も含めた)各種法律と判例法によって成立している。したがって、それを無視した議論は意味がない。一つ一つの判例を検討した上で、その法的な論理構成がどのように問題があるのか、というレベルから議論しないと話にならないと思っている。そのような作業はもちろん大切な仕事だが、当面の私の任ではない。

実際の言葉は論理的に確定していくわけではないので、理論的につじつまが合わなかろうが、別に差支えない。むしろ、そのこと自体が歴史研究にとっては研究対象である。慣習的使用法と論理的使用法のズレの意味、すなわち、論理的に合わないにもかかわらず、その言葉によって何を人々が表現しようとしたのかを探索することはとても重要だ。

現在、労使関係を聞いて直ちに思い浮かぶのは、普通の語感だと、集団労使関係のイメージではないだろうか。「労使」という言葉の使い方は労使交渉と結びつきやすいし、労使関係という言葉はindustrial relationsの訳としても定着している。もちろん、もともとの上司と部下の関係、ないし、会社と被用者の関係は個別労使関係として残っている。

個人の問題と集団の問題をどう考えるのか、ということは雇用関係と労使関係を考える際に、非常に重要な視点であり、しばしば研究者も混乱に陥ってきた(ないし陥りがちだった)、と私は秘かに思っている。このあたりのことから話を進めて行こう。