市原博さんから論文を2本、送っていただいた。1本は『産業革命と企業経営』ミネルヴァ書房、所収の「人的資源の形成と身分制度」、もう1本は「職務能力開発と身分制度」『歴史と経済』第203号、2009年4月である。私の独断と偏見によれば、市原さんは日本の労働史の中心である。したがって、この論文は今の日本の労働史研究の水準である、という説明だけで納得して欲しいところだが、いくらなんでもそれでは不親切だから少し解説しておこう。

この二つの論文のモチーフは、タイトルから分かるとおり「身分制度」である。身分制度の研究は、労働の分野では氏原正治郎がちょっと言及して、藤田若雄が大々的に研究した。藤田の研究を重視しているのは森建資先生を例外としてここ数年前までほぼいなかった。ただ、私も含めて東大を中心に森先生の影響を受けた少数の人間はもちろん、藤田若雄を勉強している。なお、間宏『日本労務管理史研究』における終身雇用の議論などは藤田の影響を受けているので、とりあえず間宏からしか労務管理史を勉強すればよいと考える不勉強な研究者、ないし間の議論は日本的経営論の中で広く受容されていたので、そういう経路を通じてこの議論に親しんでいるいわば専門外の人々も、間接的に藤田らの影響を受けているといえるだろう。

もう少し、研究史的な含蓄を言えば、氏原、藤田らは講座派に属する。講座派の歴史系の人々は、日本の後進性を明らかにするという課題を背負っていたため、彼らの研究はその特殊性を明らかにすべく日本社会の研究に向った。皮肉なことだが、単純な枠組みが与えられたために、事実発掘は進んだ。今では彼らの原点の問題意識をそのまま受け継ぐ必要はないだろうけれども、諸先達が蓄積した考証の山は、日本の社会史研究の誇るべき財産として残されている。

何度か前のエントリで、私は嫌いだと述べた竹内洋の研究だが、あの『日本のメリトクラシー』が衝撃的に受け止められていたというのはおそらく動かしがたい事実である。労働史を含む労働問題研究が本来だったらやるべき研究をやられてしまったということである。もう一つ、菅山真次、苅谷剛彦、石田浩の職安研究も労働との境界の本だった(教育社会学と社会階層論との境界でもあるが)。1990年代というのは教育社会学が労働の領域を超えてやってきた時代ともいえるだろう(とどめは広田先生の一連の研究である)。菅山さんや市原さんが興味関心を持っていたことが学歴身分という考え方で、これまた、教育社会学の泰斗、天野郁夫大先生の研究をみな、参考にしている。どうして教育社会学と労働史が近い関係にあったのか、ここまで並べておけば説明の必要もあるまい。

それから、1990年代にはホワイトカラー研究が少しずつ始まった。労働史の分野でも米川伸一先生あたりを走りとして、2000年以降は随分と増えてきた(もともと、上級層の研究は経営史研究のひとつの分野としてある)。市原さんも下層技術者と職工の関係などに関心をもって研究されてきた。そして、そのときの一つの鍵が学歴身分社会という、この20数年間、教育社会学が蓄積してきた成果なのである。

この基本線を軸に、人事関連の一次史料を読み込み、それを丁寧に紹介されている。したがって、学説史を踏まえている点、一次史料を使っている点、おまけにそのことで読みにくくなっていない点など、総合的に考えて、この論文は現在の日本の労働史の一つの水準であると言わざるを得ない。

客観的に研究動向の中でこの論文を位置づけるとすれば、ざっとこんなところになるだろうけれども、私個人の印象ではちょっと教育社会学や社会階層論に引っ張られているなあと感じた。ちょっと危うい。そんなに職工って上昇志向のある人ばかりだったの?というのが教育社会学などに対して、私の一貫して持っている疑問だが、これは何れブログという形ではなく、論じるべき課題だろうなあと今はまだ、ボンヤリ考えている。
スポンサーサイト
コメント
この論文に限らずこの特集は専門外の人にも広く読まれてほしい好企画だと思います。
2010/02/10(Wed) 20:15 | URL | いなば | 【編集
私はこの論文しか読んでませんが、どこかで覗いてみます。紡績の労働も書いてあるらしいので、一応、目を通しとかなきゃ、と思ってます。
2010/02/10(Wed) 21:10 | URL | 金子良事 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック