田中萬年先生が「労働」と「勤労」について森戸の意見を紹介してくださっている。森戸の意見は半分くらいは当たっていると思うが、半分くらいは不正確であるような気もするので、いくつか関連する話を紹介したい。

まず、前提として、労資という言葉で含意される「労」は戦前、ほぼ工場労働者であったと考えてよい。労資対立的というのは、一般的に職工対会社であり、もう少し具体的に言えば、職工対職員(管理者)である。職員の中には、もちろん、交渉に立つ前のラダーの人もいるし、そもそもそんなところまでラダーが伸びない給仕のような人たちもいる。だが、彼らは工場労働者(の中心的な人たち)よりもボイスの力が弱いので、戦前も戦後も関心が払われることが少なかった。戦後については津田眞澂先生のデビュー作、『労働問題と労務管理』の中にあるエピソードが象徴的である。

歴史的に見てとりわけ注目すべきなのは、労働運動がほとんど工場労働者とともにあったことである(学卒者も重要な役割を果たしたが、彼らはほとんど専従であろう)。戦前にもホワイトカラーの組合活動はあるにはあったが、有名なのがいくつかあるだけに過ぎない。工場労働者と職員を比較すると、職員の方が上であったと考えられがちだが、実際には工場労働者の上位層は下層職員よりも給料がよかったし(ただし、命の危険を伴うこともあったが)、多分、エラかったと思われる。エラかったの意味は、大きい顔を出来る、というほどのことである。しかも、下層職員はそういう境遇であったにもかかわらず、声をあげる拠点があまりなかったので、社会労働行政も後手に回なっていた。たとえば、失業対策も遅れるし、健康保険がホワイトカラーもカバーされるようになるのは戦時中である。

「勤労」という言葉が特に重視され始めたのはおそらく1942年ごろの近衛新体制以降であろう(いや、ちゃんと調べるべきだが)。実は、この当時の賃金行政は、職工が厚生省、職員が大蔵省と分かれていた。しかし、職工と職員の間のグレーゾーンが結構、広範に存在しており、このような分断された労働行政は会社の労務管理を混乱させた。だから、統制が始まって直ぐの時期から主として事務上の理由によって、大きくデフォルメしていうと、両者に妙な線引きをして扱ってくれるな、という要求が出されていた(実際はもっとマイルド)。時期が時期であったために、戦争遂行のため国家が第一義とされ、その名において様々な主張がなされたが、実態レベルでも戦時期にホワイトカラーとブルーカラーの接近が起こったのである。そのために、両者を包括する新しい言葉が必要となってきたのである。

森戸は以上のようなことをおそらくは承知した上で、精神労働、筋肉労働で使い分けてるんだから、「労働」で大丈夫だし、その方が時勢に合っていると述べているのである。しかし、別に日本主義者でなくとも、戦後のある時期まで単に労働者といえば、工場労働者(ないし筋肉労働者)のイメージが強く残っていたし、今でも社会的なイメージとして残っているといえば残っている。その意味では「勤労」を使うという主張もそんなにおかしくもないのである。

もちろん、現代から見ると「労働」でよいじゃないかという考えも出てくるだろう。しかし、そこに至る過程で「労働基準法」が果たした役割は計り知れないほど大きいと言わざるを得ない。現代では、おそらく一般的常識としては、労働者は管理者になっていない人であり、周知のように、この定義は「労働基準法」のものである(本当は管理職も状況によっては労働者になるのだが)。この画期的な変更に寄与したのが「使用者」という言葉の発明であることを知る人は少ない(・・・かどうか、はよく分からない)。何れにせよ、「労働者」概念を拡げるまでにはそれなりの年月が掛かったのである。ただし、当時から使い続ければ、森戸のいうように、結果的には労働でよかったといえるかもしれない。その点では、森戸の読みは先見の明があった。

ちなみに、「労働」という言葉がもっとも輝いた時期は日本では1910年代と敗戦直後であって、その一瞬が強烈であればあるほど、どうしてもその後光は薄れていくのである。

私はこの場合、労働でも勤労でもどちらでもよいと思うが、○○という言葉は不適切であるから使ってはいけないという発想については、容易に言葉狩りに繋がりやすいので、その言葉がどんな意味と背景を持っているにせよ、研究者としては警戒すべきであると考えている。

もう一つ付け加えておくと、1920年代に共産党によって作られた天皇制という言葉、およびそれをご丁寧にも護持しようとした国家社会主義の右翼勢力は、明治日本が作った近代立憲君主制をまったく理解できていなかったと私は考えている。だからこそ、天皇機関説の美濃部を糾弾するなどという愚かなことをしても、自分達が正しいと信じて疑わないのである。この話はそのうち、と言いたいところだが、面倒そうなので、しないかもしれない。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック