と、エントリを別に立てるほどのことはないのだが・・・。

体育会系の学生の処遇をどうするか、ということはしばしば議論になる。私の見るところ、二分される。とにかく自分が勉強してきた人たちは彼らに冷たい。だから何?という感じである。私は基本的には体育会系を高く評価しているし、どちらかというと甘い。客観的にみると、きちんと結果を出しているようなところは、ある意味では職業訓練と同じである。プロやノンプロであっても、彼らはスポーツで身を立てようとしている。少なくともそこを目指している。その点では意識が高いといえる。また、チームでやらなければならないという点において、昔からよく言われるように、ある種の社会訓練を受けているといえる。

が、今回、テストだけ受けて、その答案に言い訳を書いてくる体育会系については基本的に厳しく対応する予定である。内容が悪いからではない。むしろ、経営学の字面を追うより、部活の方がよいかもしれない。しかし、基本的に出席必須の授業で、出席できないならば、事前連絡、事後連絡が必要であり、そういう正式な手続きを踏まないということは私への礼を失している。トヨタの運動部に入って、会社の業務でこんなことしたら認められるわけがない。したがって、このまま甘い顔をするわけには行かない。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック