年末にツイッターでつぶやいたけど、河合隼雄は難しい人物ですねぇ。文化庁長官まで務めて、功なり名を遂げた文化人であることは間違いないんですが、そうなったにはそれなりの理由があるので、簡単にすごいとか、つまらないとか、片付けられないです。

河合隼雄の貢献は、ユング心理学の日本への導入と一般的には思われています。それ自体は動かしがたい。ただ、林道義さんのように、多くの日本人が河合隼雄からユング心理学に入ることが不幸とまでは言いませんが、たしかに河合流の偏りがあることは間違いないと思います。ただね、林さんのユング分析の方法というのは、私から見ると、社会科学的、それもヴェーバーなんですよ。彼は60年代末に割と先駆的にヴェーバーを研究し、その後、ユングの研究へ移っていくんですが、『ユング思想の真髄』を読めば、明らかなように方法的には全く一貫している。それは今の計量化された社会科学とは毛色が違う。

毛色が違うのはいいけど、たとえば、鏡リュウジさんが訳した『魂のコード』の著者ヒルマンが、なんであんなに一瞬トンデモと思えるような書き方をするかといえば、計量中心の心理学に異議を唱える姿勢で貫かれてるからですよ。そう、心理学も基本的に計量が進んだ、というより、社会科学よりもよほど早い時期から統計による研究が重視されていたんですね。だから、この一つのメインストリートとの立ち位置は気にしなきゃいけない。河合さんを読んでも、林さんを読んでも、このあたりの事情はよく理解できないでしょうね。

でも、河合さんはそういう対立よりも、自分自身の問題意識として、日本人である自分と西洋人である彼らとの違いということを中心に据えた。それが彼がもっとも根源的に問いかけた大きな問いだった。その彼なりの答えが、日本は母性原理の社会で、西洋は父性原理の社会という理解であったわけです。実は、この把握の仕方は遠藤周作さんの文学的テーマと重なります。晩年の彼らは非常に仲良かったし、同時に同志的結びつきがあったと僕は思います。河合さんの『影の現象学』講談社学術文庫の遠藤周作の解説、それから遠藤さんの『スキャンダル』新潮文庫の河合さんの解説は両者を理解するために、ともに重要な文章です。ほぼ同時期じゃないかな。書誌学的考察を踏まえて、文学研究してほしいところです。

そういう彼らの思いをちゃんと受け止めた上で続きを書きたいんですが、その前に、なぜ今回はそんな面倒な手順を踏む必要があるのか、と思われる方もいらっしゃるかなと思います。これは抽象的に言えば、実践と研究の関係の一つの在り方、特に、臨床を重視した河合さんを考えるとき、彼の土俵に乗るためにはどうしても必要なんです。全部、繋がってるんですよ。

まぁ、続きはそのうち。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック