明日、講義で人事労務管理の一環として福利厚生制度について語ろうと思うのだが、これが意外と難しい。福利厚生制度の意味がこの20年の不況の間にどうも変わってしまったのではないかと思える。ただ、これはあくまで思えるだけで、かなり感覚的な話で、具体的に機能で考えて行くと、そんなに変わってないかもしれない。

えーと、福利厚生には大きく二つの流れがある。職員と職工。大雑把に言うと、職員の方は生活保障的な役割はどちらかというと多分、大正時代くらいから重要になってきて、それまではどちらかという娯楽が重要であったのではないかと思っている。というのも、ある程度の勤続年数が前提になって来ない、いわゆる生涯にかかわる生活保障が重要という視点があまり出てこないからだ。多分、ここらから退職金とか定年制に伴う年金などがポツポツ整備されてきたように思う。ただ、ここらあたりはあまり研究がなされてないので、よく分からない。勘。

職工の方はというと、生活保証というときに、これはスポットだから、最初からあったのではないかと思う。というか、初期の福利厚生って管理技術としては社会事業から借りてるところがすごく大きい。それは誤解を恐れずに言うと、貧困層を対象にしてたんだよね。研究史上は日露戦後以降、重工業では工場労働者と都市下層民について、前者の賃金カーブがあがってきたことで、両者の生活が異なるものとして展開して行くと言われている。これは兵藤先生あたりが広めて、その後、中川清先生がお墨付きを与えたので、まぁ、通説と言っていい。僕はそこのところに異議を唱えて、実態はそういう側面もあったかもしれないけど、階級としてはかなり同じようなものとして捉えられていて、だから社会事業=社会政策の手法で福利厚生が展開して行ったんだ、と主張している(はず)。エッセンスはそういうこと。

とはいえ、職工方面での福利厚生は戦前の紡績業では圧倒的に娯楽が重要だった。これは文化的なインクルージョンというかそういうことが必要だった。よく工場側の言うことを聞かせるようにすると言われるし、そういう側面はあるんだけど、福利厚生にはあんまりそういう機能はないんだよね。というより、工場労働の中で時間規律をはじめとした服務規定でバンバン慣習を作っていく。それにあまりに合わない人は辞めて行くから。もちろん、リテンション・コストは大きいんだけど、あまりに無理な人を止めておくのもまた全体の生産性を下げることに寄与しかねない。というわけで、そこは割り切る。というより、紡績会社の場合、10代前半の女の子から使っているわけだから、故郷が恋しくなったりする。そういう寂しい思いをさせないためにも、年上の子に世話させたり、一生懸命、娯楽を提供したりしていたわけ。でも、多分、この手のレクリエーションも大体、1970年代までね、アトラクティブだったのは。というのも、1910年代に映画、演劇、文楽まで、舶来ものから伝統のものまで、ありとあらゆる庶民娯楽を経験できた女の子はおそらく紡績工場に勤めた子だけですよ。それくらい先進的だった。でも、それは過去の話。趣味が多様化しちゃったから。

あ、インクルージョンの話を忘れた。僕が象徴的だと思ったのはかつての富士紡の工場で行われていた盆踊り大会。当時は日本各国から紡績職工が集められてくるから、1年に1度の運動会で郷里の盆踊りをそれぞれが踊る、というのをやってたんだ。壮観だっただろうな。もし、この時代のこういう映像記録でも出てくれば、間違いなく一級の文化史的史料になると思う。それはさておき、こういう手法ってそれ自体、すごいことで、アメリカナイゼーションなんかとは全然、逆。お国自慢。正味のところ、外国人労働も僕はこの方式で行けば、いいと思っている。それぞれ何かお国の自慢になるような伝統を披露しあえるというような。料理大会でも何でもいいんだけど。また、話が逸れた。

生活保証の大きな枠組みとしては共済組合しかなかった時代から、企業の役割は保険。今でも大きいのは、健康保険と雇用保険(失業保険)ですよ。このお金を支払ってくれるかどうかは超大事。僕自身、その線上を歩いているので、その有り難さと辛さ、両方、知っています。こういうのはやっぱり自分で経験しておくと、頭じゃなくて実感として理解できるね。

大きい論点は福利厚生はある意味、アウトソーシングされていること。たとえば都心だったらスポーツクラブに安く通えるとか、その気になれば生活を高められる部分もあるわけだし、生活嗜好の多様化に対応するためには、仕方ない側面がある。ただ、そうなると、完全に報酬の代替としての機能だけになって、費用を削ってくのが効率だという考えがはびこると、無駄だと言う議論が出てくる。いや、それだけじゃなかったんじゃないかといって、近年では運動会を復活させたところもある(ただし、リーマンショックの後、またなくなったかもしれない)。

考えてみれば、福利厚生制度って僕が研究を始めたときからずっと考えているテーマで、博論でもそこは詰め切れなかった。僕はそもそも小池先生の講義を聞いて、そんなに合理的な説明で切れない部分があるんじゃないか、ということで生活部分に注目して、労務管理を理解しようというのが最初の入り口だった。でも、二つの誤算があった。一つは小池先生はそういう話をしたら、そういう方面の引き出しもたくさん持っていて、全然、対立しなかった(笑)。もう一つは、このテーマはドツボだった。訳が分からん。これは上で社会事業の話も出したが(あとは領域的には社会教育も被る)、こういう境界が曖昧な分野では何十年にわたって本質論というか、学問の自分探しが行われている。そして、面白いことに、そういう問いかけがその学問を深めて行っている(ときもある)。

何が言いたいかと言うと、まとまらん。が、何か面白そうな話は出来そうかな。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック