萬年先生に振られていたのに、答えるのを忘れていました。法政大学大原社会問題研究所を少し宣伝しますね。うちの研究所は1919年に大原孫三郎によって創立されました。1919年というと、ILOが創立された年です。ILOというのは、労働者、使用者(資本家)、政府のうち、それぞれから代表を出して、国際会議をして、国際的な労働基準を作って行こうという機関です。日本は最初の年から参加していますが、その最初の年の労働者代表を出すので、ものすごくもめました。途中はすっぽり、省略しますが、このときのゴタゴタで高野岩三郎東大教授が東大を辞めることになり、その高野博士を所長に迎えて作ったのがわが大原社会問題研究所です。

うちの研究所は中興の祖であった二村一夫先生の方針で、開かれたアーカイブズということでやっておりまして、研究者に限定せずに、どちらの方でもいらっしゃることが出来ます。ただ、何分、古い資料を扱っているので、保存状態が悪かったり、今、まさに整理中の資料についてはお見せすることは出来ません。とはいえ、戦前期の協調会が持っていた文献資料なんかは閲覧が可能です。私は月曜日と水曜日には原則的に出勤していますので、声を掛けて下されば、ご案内もできます。ぜひお運びください。

とはいえ、うちは関東の中でも相原かめじろ台からバスで15分くらいという山奥にありますので、都内の人も一日仕事になってしまいます。まして地方からだとちょっと大変ですね。あと、食事は学食しかありません。近年の文献だったら、もちろん、東京都労働資料センターや日比谷図書館、JILPTの図書館が便利です。あと以外にも女性に関するところだったら、東京ウィメンズプラザもいいかもしれません。青山学院大学の目の前で場所がよいので、美味しいお店もいっぱいあります。気分を変えたいなら、江の島にあるかながわ女性センターも私は好きです。ただ、江の島は少し離れないと、ご飯を食べるお店は高いかな。古い文献なら大原社研、戦後の労働資料だったら飯田橋の東京都労働資料センターとJILPTがよいと思います。JILPTより飯田橋の方がアクセスはしやすいかな。

西日本の方はぜひ谷合館長が頑張っている大阪のエル・ライブラリーもご利用ください。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック