POSSEの事務局長川村遼平君から『若者を殺し続けるブラック企業の構造』をいただきました。ありがとうございます。一読して、私も濱口さんと似たような感想を持ちました。というのも、この本のテーマは労働時間の問題であり、それはブラック企業と呼ばれる、ややもすると、人を毀損すること自体を自己目的とした組織とは別で、何かを成し遂げるために知らず知らず働かせる、いわゆる日本型雇用、というより、日本全体の問題なのです。そうなってくると、ブラック企業という問題を切り口にするのはどうかなと思うのです。

流行語というのは難しくて、いくつもの意味が付与されていきます。もう先に言葉だけが人口に膾炙して、あとから意味を勝手にみんなが足していく。そうなってくると、一つの潮目を作るという役割にはよいけれども、継続的にその問題を考えるにあたっては、かえって適さないという状況が出てくると思います。「ブラック企業」という言葉の場合、流行語大賞になり、旬は過ぎて、一つの役割を果たしました。そういう意味で、ブラック企業論は今、転換点にあるのではないかと思います。

本自体は丁寧に書かれていて、良書です。今野君の本が売れっ子になってから雑になってるのと比べると、文章もはるかに丁寧に書かれており、さらに労働時間に関する主要な論点は抑えられているように思います。狭い過労死や労働時間に関心を持っている方には便利でしょうし、それから、いったんこのサイクルに入って働き出すと、冷静に本を読む時間もありませんから、これから働く前の学生にはとくに読んでもらいたい一冊です。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック