次は森先生の雇用関係論について書きたいと思っていたのだが、森先生の議論はいきなり読んでも決して分かりやすいものではない。必ずしも叙述が難しいというのではなく、森先生の考え方がかなり独創的な枠組みによって書かれていること、また、イギリス法の考え方に馴染みが薄いこと、この二つが原因だろう。まずは周辺の部分から少しずつお話しておこう。

普通、西洋の法は英米法と大陸法という分類がされている。単純化して言うと、19世紀前半のヨーロッパ大陸はローマ法の継受を行い,ローマ法典の中にすべての法が書き込まれているという考え方であった。これに対して、イングランドではローマ法を継受せず、ゲルマン法の伝統を引き継いだために、法がすべて成文化されているとは考えられていなかった。実際、イギリスには今も成文憲法がない。こうした二つの特徴を対照的に表現する言葉がある。すなわち、「法による支配」と「法の支配」である。前者が大陸法、後者が英米法の考え方である。

この性格の違いから法律家の仕事の前提も大きく異なることになった。もちろん、法律家である以上、どちらにとっても先例は重要だ。しかし、大陸の法律家たちがローマ法の中にそれを探すのに対し、イギリスの法律家たちは判例や法律書の中にまず、既に発見された法がないか探し、見つからない場合は新たに事例の中に法を探したのである。といっても、これはかなりカリチュアライズ化された解釈で、実際には大陸の法律家たちも判例を重視しないで、ローマ法だけを重視したというわけではないだろう。

森先生のお仕事は、したがって、法律書や判例を中心にして、雇用関係の法(law=法則)がどのようにイギリスで発見されてきたかを明らかにしたものといえる。私の解釈では、雇用関係の生成は雇用関係の法の発見史である。そういう発見のプロセスを見ることによって、どのように「雇用関係の法」が形作られていったのかを追ったのである。

その際、注意しておきたいのは、慣習及び慣行はまだ法ではないということだ。精確に言えば、慣習の中に法が隠されている可能性はある。しかし、慣習そのものを全部、法というわけにはいかない。あえて分かりやすく言えば、慣習から抽出したエッセンスは(慣習)法と呼べるだろう。もうちょっと難しく言えば、慣習は法源たりうるが、法そのものではない、というところだろうか。もちろん、法の判定の仕方は議論の余地があり、だからこそ、解釈をめぐって、法律書などで議論が展開されるわけである。しかし、そうした議論は、こうした法の発見という伝統を共有した上で、行われていたのである。

『雇用関係の生成』を引きながら、雇用関係と雇用慣行を区別していない人は、「要するに、分かっていないのだ」と自動的に判定することにしている。

と書いて、私こそ間違っていたら、かなりショックだが(笑)。
スポンサーサイト
コメント
ある意味ごもっともな話だがその区別に拘泥しすぎるのはもしや中西国家論の呪い(以下略)
2009/07/01(Wed) 12:22 | URL | いなば | 【編集
Re: タイトルなし
そうでもないですよ。
私の同世代の人たちは中西先生をそもそも読んでさえいないんじゃないか(笑)。少なくとも議論した記憶はないですし、多分、稲葉さん、菅沼さんたちが(ちゃんと格闘しようとした)最後の世代かと思います。間違ってたらごめんなさい、その後の世代の皆様。私も読みましたが、まったく自信ないです。
私がイメージしているのは、どっちかというと、間先生を先頭にした産業(or労働or経営)社会学系統、ないし、その影響を無自覚に受けて歴史研究している人たちとの差別化です。昔、彼らを中西先生が一刀両断したのも知ってますが、私は全く意味がないとは思ってないので、とりあえず、違いますよとだけ言いたいのです。
2009/07/01(Wed) 20:45 | URL | 金子良事 | 【編集
中西ウィルスは森、佐口を経由しても十分効く、と私は考えています。あなおとろし。

中西先生の「国家論」「政策論」から森さんの「法論」への転換は結構重要な意味があるんだが、まだ十分突き詰められてないですね。
森さんも「法」について論じたのは『雇用と団結』までなので。『イギリス農業政策史』だと割りと普通に「政策論」してるし。

中西先生がアメリカ体験を隠蔽したこと、社会学を拒絶したことには割合根深い何かがあるかもしれないと思います。
2009/07/02(Thu) 12:05 | URL | 稲葉 | 【編集
Re: タイトルなし
最近の森先生と佐口先生からの影響、そんなにもないと思います・・・。

佐口先生は中川清先生と仕事してから、随分、福祉よりですし、森先生のご関心はおそらくクラシカルな労使関係、労務管理、もっぱら八幡です。もちろん、イギリスのお仕事は別に私の理解できないところで、進められておりますが。

私は中西先生の影響をもろに受けているのは野村さんだと思ってます。
怖いからこれ以上言わないですけどね。

中西先生はマルクスからヘーゲルに行かれましたけど、これは倒錯していて、本来、ドイツでは旧国家学=官房学からシュタインの社会学(っていうほどでもない段階のもの)が出てきた。このあたりの意味を考えるには、多分、木村周市朗先生の『ドイツ福祉国家思想史』が大変重要で、そのうち、取り上げようと思っていますが、まぁ、難しいことこの上なく、消化しきれてません。大河内先生のもっともよい本は『独逸社会政策思想史』で、木村先生の本はそれを超える大作だと思ってます。

それにしてもこの本に学会賞をあげられなかったのは選考委員の社会政策に関する学力のなさを表しており、何とも残念なことでした。あの年の選考は喜劇だったとしか言いようがないです。誰が賞をとって、誰が委員(長)だったか書きませんが。
2009/07/02(Thu) 21:19 | URL | 金子良事 | 【編集
中西先生の「倒錯」はあれが70年代前半という時期に書かれていたことを思えば、ある程度は無理からぬことでしょう。彼は日本とイギリス以外にはそこまで目を配りきれていなかった、ということです。

野村さんはたしかに中西先生とまともに向き合っているし、『基礎過程』書評は労作だけれど、ご自分でも「自分には中西理論根本的にはわからない」とおっしゃっています。あの書評も「わからない」と割り切った上での仕事です。
個人的な会話をもとにしたぼくの解釈では、中西先生の方でも「あいつは(俺の言うことも、そもそも労資関係論自体も)わかってない」とお考えですね。
ドイツ資本主義・国家理解に関する限りは、彼はむしろ故加藤榮一先生のフレームワークに乗っている割合が存外大きいでしょう。
田中洋子さんも根本的なところでは中西先生とは相容れない。

同世代の見解では、もっとも忠実な中西先生の弟子は上井喜彦さんです。彼は治安警察法等、第一次大戦前後の労働政策の分析を、非常にストレートに中西理論・史論に準拠して行っています。ただその方向では行き詰ったようですが。
いま一人の、おそらくはもっともストレートな中西理論の継承者は、イタリア家族法の専門家で、「給料袋」調査のイタリア(フィアット)部門担当者の小谷真男くんなのです。彼の社研助手論文をご覧になれば一目瞭然。
2009/07/06(Mon) 15:16 | URL | 稲葉 | 【編集
仕方ないというべきかどうか。微妙ですね。そもそも対象の選択から話は始まります。1960年代から70年代までの研究状況を考えれば、イギリスを選ぶのは一見自然だったでしょう。しかし、大河内さんはドイツから始められた(河合さんから指定されたからですけど)。そこを変えたのは不用意だったんじゃないか、と今から見ると、そんな風に思えるのです。

少し方法論の話をします。昔の宇野三段階論というのは実に便利な分類でした。アナロジーで今で言う理論、中間理論、実証に照応させることが出来るでしょうか。一応、建前上は宇野三段階論も全部が一貫している必要があったんですが、実際には段階論と現状分析が同じフェーズで語られると思っていなかった。去年、原論の山口先生とお話したら、そりゃそうだよ、現状分析は別、と仰ってましたし(笑)。

中西先生の理論がどの部分に当るのかは私にはちょっと判定できかねますが、原理論と中間理論の両方にまたがって、往来しているという感じでしょうか。ご存知のように、不思議なことに中西先生は現状分析(今の言葉では実証)もすごい。というか、本当はこちらの方がすごいかもしれない。だから、両方の極の力をお持ちだった。だけど、その三つをうまく調和させることが出来ていたかどうかとなると?が付きます。

この?がつくという問題は案外と根が深いかもしれません。大河内さんは理論化していく過程で背後のドイツとイギリスのconstitutionの違いを意識していなかった。少なくとも書いているものを読む限りではそうですね。イギリスconstitutionの特徴が成文憲法の不在に表れるとするならば、そこは捉まえそこなったんじゃないですか。それは対象の抽象レベルと理論の往復関係に対する不用意さが原因ではないか、と私は思ってます。他にも東大特有の東大中心学説史観とか、根本的なところで利いている気もしますが、あんまり考えていません。

無責任に付け加えると、稲葉さんが前に指摘された「社会学を拒絶したこと」に繋がってくるかもしれません。厳しい道なのは分かってますが、私は勝手に稲葉さんがこの中西国家論を総括するのに適任だと思っています。いわゆる実証にどっぷり浸かっていないことと世代的なタイミングですね。多分、読む側にとってもラストチャンスです。中西先生にお会いしたことないので言えるのですが。

というわけで、国家論を期待してます。
2009/07/06(Mon) 22:16 | URL | 金子良事 | 【編集
比較優位でいうとそういうことになるんだと思います。で、仕込みを始めているわけです。
先生の存命中に上がるのか。
2009/07/07(Tue) 22:43 | URL | いなば | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック