大原社会政策研究会の仲間、小尾晴美さんから『日本の保育労働者』をいただきました。超お勧めです。おりしも、濱口先生と女性労働についてのやりとりをしているところに、すごくよいタイミングでした(FC2でamazonリンクがなくなったので、こうやって貼っておきます)。理論の話よりも、労働問題はやっぱり実態が命です。濱口先生も私もたぶん、そっちの方がいいんですよね。これはそういう意味でも断然、お勧めです。

この本は小尾さんたち五人のグループの研究成果で、私たちはこの本が出たことで、現在の保育労働の問題について適確な見取り図を手に入れることが出来るようになったとことをまず喜びたいと思います。そして、言うまでもなく、保育労働はほとんどが女性労働ですから、ここには女性労働の論点もかなり詰まっています。前回、少し書いた雇用労働はボランティア労働とあわせて考察しなければならない、ということを書きましたが、保育と福祉はまさにこの論点の具体的な現場ですね。さて、目次で内容を確認して行きましょう。

序章 政策課題としての保育労働研究の意義(垣内国光)
第1章 戦前の保育労働者状態と社会的地位(義基祐正)
第2章 北海道保育者調査に見る現代の保育労働者状態(川村雅則)
第3章 保育者の職務内容と知識・技能習得過程(小尾晴美)
第4章 ライフヒストリーに見る保育者としてのキャリア形成(奥山優佳)

序章では、政策課題として保育労働力問題が位置づけられています。「労働力」と言った場合の含意は、量という意味で、簡単に言えば、政策的に保育を拡充する方向が目指されているものの、その労働供給が間に合わないということです。そこから、保育労働の問題点が整理され、本書の構成の意図が説明されています。

1章の歴史分析は、絶対主義天皇制とか、独占資本主義とか、今ではあまり見かけなくなった言葉がいっぱい出て来て、細かいところでは引っかかるのですが、現状を知るためには歴史を知らなければならない、という問題意識は重要だし、大切にしたいですね。2章はアンケートとインタビューを織り交ぜながら、保育労働者の現状を浮き上がらせています。ソースは北海道のものですが、論点を見ると、おそらく全国的に普遍性があるんでしょうね。ただ、単純集計だけなので、せっかくですから、紀要にでも統計解析もやったらいいと思います。本の中に入れる論文としては、現場の人にも呼んでもらうためには、こちらの方がよかったでしょう。

さきほど雇用労働とボランティア労働についてあわせて考えると書きましたが、この論点にひきつけて一言で言えば、保育労働問題の本質は専門職という職種に特有の「やりがい搾取」の構造なのです。この問題は『日本の賃金を歴史から考える』の第6章で書いていました。以前、guriko_さんもスクール・ソーシャル・ワーカーとしてここの部分を紹介して下さって、私もそれに応じて「ケア労働、あるいは感情労働」を書きました。

あれを書いたときには、私も問題の構造を読み切れてなかったです。私はアダム・スミスの西洋の古いプロフェッションの報酬の説明を引いて、

(彼らの高い報酬の源である)信用は彼らの仕事の方法や労働条件が悪いからという理由でそうなのではない。社会においてそれくらいの信用が要求されるほど重要だと格付けされるから、そういう報酬でなければならないのである。p.125


と説明しました。そして、

ある産業の労働条件は、労働組合(産別)、使用者団体、業界団体などの産業内の団体の力だけで決まるわけではない。むしろ、当該産業の外部とのかかわりあい、社会的認知や信用度によって決まるのである。つまり、社会の中で高く評価されなければ、賃金も高くならないのである。p.134


と書きました。私の評価は一般論として間違っていないのですが、実はこの趣旨の話を出版前に議論したことがあってその時、これでは現に労働条件が低い職種が社会から認められていないと理解され、多くの人を傷つけると言われました。しかし、集団的労使関係によって社会的地位を高める必要性を改めて強調するためにこれを残しました。実は、136頁で低賃金の説明に支払能力を付け足したのは、このやりとりがあったからなのです。ただ、今回、改めて私が構造を読み切ってなかったと思いました。

一文で言ってしまえば、ある職種の労働条件が低い場合、その職種が高く評価されていないからではなく、高く評価されているからこそ労働条件が低いことがある、ということです。簡単に言えば、高尚な職業=お金に頓着しない⇒お金を払わなくても良い、というメカニズムが働いているということです。アダム・スミスとはまったく逆の結論です。だから、保育もそうですが、専門職=聖職論が出てくるところは危ないのです(言うまでもなく、有名なのは教師聖職論ですね)。

ということを考えると、脱神話化です。特に、第3章の小尾論文と第4章の奥山論文はこの本の中でも双対をなしていると言ってよいでしょう。それぞれの論文の出来も重要ですが、この二つがセットになっていることが重要です。

小尾さんの論文は徹底した保育の「技能」解析です。この論文は伝統的な労使関係手法と同じです(本人がどれくらい意図しているかはよく分かりませんが)。すなわち、ワーク・オーガニゼーションですね。実はさらっと、重要なことが「おわりに」に書いてあるので、引用しておきます。

複雑化した勤務シフトや非正規化に伴う正規/非正規間の職務分担のあり方によって情報共有の阻害が起こり、職員間の連携に支障をきたすということが明らかになっている。これらのことがより進んでいけば、まますともに高い保育の質を目指そうと議論できるような保育者集団の形成の条件は困難になっていくであろう。そうであれば、現在の知識・技能習得システムの維持が難しくなっていく可能性が考えられる。p.154


保育を図書館やアーカイブズに置き換えてもそのまま通用しそうですが、それはさておき、ここで書いてある通り、この論文は正規労働者の技能形成の問題を扱っており、非正規の技能習得の話は別稿に委ねられています。ただ、これは両輪ですよね。そのことは頭の片隅に入れておいて、この論文のすごさを見て行こうと思います。

そもそも、産業を問わず、これだけ精細に仕事内容に立ち入った分析はなかなか出来ません。たとえば、小池先生たちの『ものづくりの技能』はその出版に際してトヨタ社内で問題になったほどで、結局、どこも真似できないという意見が勝って、出版されたそうです。それくらい技能の重要なところに迫っている。その小池先生たちの2000年代の仕事の中でブルーカラーのトップ層が製品開発に携わったりする例が出て来ていますが、研究者が実際にその場に参加できるわけではありません。しかし、小尾さんの論文では、重要な会議の議事録から引用されていたりまします。ここまで行ったのは、彼女が数年にわたって時には一緒に働きながら参与観察して信頼を得たからで、こんな水準の研究は誰でも出来るわけではありません。労使関係研究としても卓越している、と言っておきましょう。具体的に言うと、中村圭介・石田光男『ホワイトカラーの仕事と成果』よりも上です。この本の書評で労務屋さんが書かれていた「仕事管理、とりわけフォーマルな仕事管理としてはPDCAサイクルはたしかに重要でありキーポイントでもありますが、いっぽうで日常の業務レベルでは、いつ起きるか、なにが起きるかはわからないけれど、しかし必ず発生してくる変化(小池和男氏のいう「不確実性」)に対する対処というものがPDCAと同様の重要性を持ってきます。デパートの事例などではその一端も示されてはいますが、やはり若干の物足りなさは感じます。」といった問題は、小尾論文では丁寧に分析されているので、というか、それがメインテーマなので、おそらくビジネスの世界の実務家が読んでも、面白いと思います。

他方で、技能形成には長期の観察が必要です。その意味で、一人のインタビューを粘り強くまとめた奥山論文も価値の高いものです。小尾論文と奥山論文は技能形成の経糸と緯糸です。岸政彦さんが『街の風景』や『断片的な社会学』の中で、あえて分析しないでインタビューの地の分をそのまま活かすという手法を採られています。奥山さんの論文も、たとえば、発言をコード化して解析するというようなことは行われておらず、むしろ、本論はインタビューからの抜書きとそれを補うような背景知識が添えられている。これはこれでかなりしんどい作業だったと思いますが、結果的に、この人の保育士としてのキャリアが見えてくるようになったと思います。こういうタイプの研究は、事例の代表性とかいうイチャモンを付ける人がいるものですが、一つの事例を深く分析することでしか分からないこともたしかにあるので、価値は非常に高いと思います。

なお、本書はこのエントリよりも平易に書いてあるので、どなたでも気軽に読めます。こんなに難しくなっちゃって全然、宣伝にならなかったじゃんと頭を抱えていますが、それくらい学問的にも興味深いことが書いてあります。小尾ちゃん、ありがとう!
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック