深夜のツイートをhamachanに捕捉されまして、エントリにしていただいたので、少しこのことについて書き足しておきます。以前、濱口先生と議論したのは労働組合の三つの機能で、一般に言われるビジネス・ユニオニズムとソーシャル・ユニオニズム、そして、あまり一般に使われることのないポリティカル・ユニオニズムでしたけれども、私の発言の趣旨は前二者が十分に育つ前に、ポリティカルに直面せざるを得なかったということです。

ソーシャルがナショナルにひきつけられていくのは、政府などの一部の指導層が誘導したというよりは、日本主義組合ですよ。これは反共であり、反近代=反欧化という側面を持っていました。で、結果的に、共産主義のカウンターパートという役割を果たすことになるわけで、この流れが戦時期のソーシャルに流れ込んでいく。普通選挙も重要ですが、その施行以前からとっくに組合は、政治運動の渦中にありました。なお、この時期の労働組合はある意味、社会運動のリーダー的な存在でした。というのも、数年ですが、労働組合運動が早く始まったから、運動のノウハウも持っていたからです。それで、組合の話だけ、とりあえずします。

普通選挙があろうとなかろうと、ロシア革命以降は、労働組合は政治運動のなかに飛び込んでいったわけです。ところが、総同盟は、というより、関東の執行部は、有名な現実主義路線を展開しようとします。これは通常、労使協調路線という点だけが理解されているわけですが、実は1922年の大会の時点では普通選挙の要求さえも取り下げていた。この数年前、棚橋小虎が有名な「労働組合に還れ」という論文を書きます。政治運動じゃなくて、本来の労働組合運動に戻ろうという呼びかけです。棚橋はこの直後、総同盟を辞めますが、松岡・鈴木らは基本的に同じ立場とみていいでしょう。その彼らは、政治運動自体を放棄しようとしていた。それをすぐに撤回したのは普通選挙が実現したからです。まあ、ここら辺は「工場委員会から産業報国会へ」の中に書きましたので、ご関心のある方はご覧下さい(41頁です)。そういう経緯があったので、もし、もう少し普通選挙が実現しなければ、労働運動は大きく変わったかもしれません。

その理由も書こうかと思いましたが、それはあまりに学術から離れるので、やめておきましょう。ぜひ聞きたい人は、土曜日の社会運動ユニオニズム研究会にいらしてください。空き時間にでも直接、お話しします。予約は明日までで、たぶん、まだ空きがあるでしょう。というか、その準備をしなければならないのです。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック