著者の皆さんから『資料集名古屋における共同保育所運動』をお送りいただきました。ありがとうございます。

これはすごい本です。1043ページ。11000円ですが、この重量であれば、倍の価格でもおかしくないでしょう。日本評論社もすごく立派な事業を行いました。冒頭に2016年流行語大賞で部門賞をとった「保育園落ちた日本死ね」の引用があり、これに対する返答という意味が込められています。もちろん、このボリュームの研究を一朝一夕に出来るわけもなく、本書は東海ジェンダー研究所が公益財団法人になった2012年から始められたプロジェクトの集大成です。しかし、お母さんたちの声なき声に応え、日本の保育を少しでも良くしよう、そのために名古屋での経験を伝えていこう、そういう気概でプロジェクトが進められてきたことはよく伝わってきます。

この本は社会運動を考えさせる本です。1960年代、働く母親たちが自分たちの必要から共同保育所を作り、そこから名古屋市に認めさせていきます。そして、やがてこれらの共同保育所は社会福祉法人になり、補助金を得て、経営的に安定します。この本はその黎明期の保育運動を描いています。

正直に言うと、私はこの本をすぐに読み込めるとは思っていません。そもそも私は保育に明るくないので、実践の豊穣さ、それを伝える資料の海の中に埋没して、そこから起き上がってこなければならない。本当に理解するためにはそういうプロセスは避けることが出来ません。ただ、それをやりますとは軽々に約束できません。読み込めたと思えないのに、書評を書くというのは私のポリシーに反しますが、これからどういうことを考えたいのかという個人的な思いと、これを利用することの難しさについて少し触れたいと思います。

私自身はおぼろげにもっていた日本社会運動史観というか、そういうものを根底から覆されるな、というそういう思いがしました。労務管理の歴史から入った私は、紡績をやっていたので、最低限の工場内保育所は調べましたが、このような社会運動については知りませんでした。というか、私のイメージでは、社会運動は完全に男の社会運動で、政治的なるものと切り離せない。この保育運動ももちろん、最後は行政に訴えかけて、それを認めさせるということですが、具体的な保育の探求と不可分な要求から積み重ねていくわけです。これは当事者運動の一つのパターンでしょう。

木村正身先生という社会政策の先生が昔いて、1970年代に社会福祉の考察をしているんですが、木村先生は福祉を反福祉からの回復という形でしか測り得ないのではないか、ということを書かれます。日本では基本的人権もしばしばそのように理解されます。たとえば、この同時代に展開した新しい社会運動たる環境運動も、やはり公害による反福祉状態から回復が重要な意味を持っていたと言えます。この共同保育所運動も、もちろん働く母親たちが保育の場を欲したという意味で、反福祉状態がスタート地点ということが出来ます。そして、その要求もしていくわけですが、実際にはこの運動のもっともすごいところは、家庭保育に対して集団保育の重要性を認識させることであり、そのためには保育の実践を積み重ねるしかなく、そして、それを成し遂げたことです。これは一つの社会改革であったと言っても良いでしょう。日置真世さん風に言えば、緩やかな市民革命です。

それと印象的なのは研究者が関わってるんですね。社会福祉研究の世界では「実践」が重んじられるというのは古くから言われてきたことらしいのですが、これを読むと、そういう意味が分かりますね(念のために言っておきますが、ここでいう「実践」とは単なる実務経験や実習を教えられるという意味ではありません)。

ただ、これを現代に活かすとなると、やはり難しい。歴史はそのままでは教訓にはなり得ない。やはり、歴史から学んだ人が現代の問題意識にあわせて書き直す必要があります。この本の場合、単に分量が多いので、心ある人はじっくり勉強したいと思うでしょうけれども、なかなかその時間は取れないという物理的な問題があります。ただ、それだけじゃなくて、たとえば「自主管理保育闘争」とかすごく面白いんだけど、その面白さを理解するためには「自主管理闘争」という労働運動史の方では馴染みのある考え方をしらなければなりません。これはほんの一例ですが、同時代の労働運動の流れとかを理解しないと難しいですし、そこからやるには相当の勉強が必要です。なお、大人の勉強というのは、頭の善し悪しなど大して重要ではなく、究極のところ、どうやって勉強時間や物を考える時間を確保するかだけが重要です。そういう意味で、この本だけでは保育運動を前進させるのは困難であり、やはりエッセンスを伝えるようなものが必要ですね。

私自身は本格的にこの問題を考えるのには少し時間が必要ですが、少なくとも今進めている本の中で、社会政策のプレイヤーとしての社会運動の中にこの話は入れて、考えていかないといけないと思っています。本の内容に反映させることだけはお約束します。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック