FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週末の土曜日、愛知学院大学で行われた社会政策学会に参加してきました。朝、小野太一会員の近藤文二の学説史的検討と、木下順会員の井上友一と留岡幸助論を聞いた後、本田さんの本の書評セッションに顔を出しました。ただ、木下さんへの私の質問は皆さんには分かりにくかったかもしれません。その内容というのは、一木が農村の人材供給としての実業教育を構想したこと、岡田良平と井上がドイツで一緒に実業教育を調査したこと(これは木下さんのペーパーで初めて知りました)を踏まえて、岡田・一木の兄弟の家業である報徳運動と、近代=西洋を輸入していた彼らのの役割と井上の関係を聞いたものでした。

午後からは我々のセッションでした。私、時計の文字を見誤って3分短く終わってしまいました。あと、3分長かったら、加瀬先生がやられた先行研究と私の研究がどういう位置づけになっているのかお話ししたのですが、まあ、大勢には影響ないでしょう。堀川さんの方も時間をやや短く抑えてくれました。その後、兵頭先生から長めのコメントをいただきました。ただ、かなり長めにとったフロアとの応答は、ほとんど質問が出なかったのはやや残念でした。

何がよくなかったのかなと出てくれていた知り合いの人を中心に感想を聞いてみたんですが、結論から言うと、まあ、仕方ないし、このままでいいかという感じでした。ただ、一つショックだったのは、社会政策学会だから、大まかな学説史の流れはみんな理解しているのかと思ったら、そうでもないという意見を聞いたことでした。具体的には、労働問題とか、社会福祉の貧困からサービスへの流れとか、「政策」研究として問い直さなければならないという話とかを枕にしたんですが(この問い直さなければならないというのを5回くらい言ったそうですが)、、学説理論史研究だったら普通なんだけれども、それは多くの人にはもう通用しないということでした。私の感覚では、学説理論なんて大げさなものではなくて、枕として一般常識を喋ったに過ぎないのですが。

兵頭さんのコメントは戦時総力戦体制論から位置づけてくださるもので、これによって分かるように翻訳されたという方もいたそうですが、兵頭さんと私のアイディアはちょっと違います。それはどういうことかというと、簡単に言えば、従来の総力戦体制論はいずれにせよ一国内の話に過ぎないのですが、私は総力戦の問題を第一次世界大戦から考えていて、とりわけヨーロッパで各国が総力戦体制を経験し、その帰結として安全保障体制であるベルサイユ体制が出来、それがILOにもつながって、そこが戦後の社会保障=福祉国家の話にもつながっている。開発とか、人口とかも、そういう大きい文脈で考えなければならない。こういうのが大まかな趣旨です。そこは、やりとりのなかでクリアになったかなと思います。

私の話の実証的なポイントは、雇用行政の所管を示したこの文書です。この3ページを見てもらうと理由が書いてありますが、産業に関連する(農商務省)、救済、社会事業に関連する(内務省)、地方官庁及地方自治体との連携が重要(内務省)で、2対1で内務省になっています。それから、人口食糧問題調査会(内閣府)で商工省の幹事だった吉野信次(と永井亨)が労働需給だけでなく生産力増強を提言し、これは吉田茂社会局長官も受け入れています。吉野の提言の中で「地方工業の分散化」が訴えられ、これが1930年代後半から石川栄耀の使いだした「国土計画」に置き換わっていきます。これは高度成長期までの「均衡な国土の発展」へと引き継がれていくという話でした。

質問は出されなかったけれども、終わった後にお話ししたら、分野が労働ではなくても歴史研究をしている方で、自分の研究に引き付けて刺激を受けてくださったという方もいらっしゃいました。報告を聞いていなくても、数分立ち話をしただけでも、分かってくれる方もあり、やっぱり作法が違うと厳しいのかなあ。

それよりも「均衡な国土の発展」概念に関する説明で、今の常識から言えば、これは土木に結び付けて理解されると思ったので、苅谷先生の「面の平等」の話を出したのですが(かえって分かりにくくなった気もしますが)、そこで「教育」というワードを出したことで、あとで別の方から質問を受け、そのあと、ゆっくりお話しすることになりました。といっても、私の報告と関係なく、その方が教育なさっている看護の実習学校の苦境をお伺いすることになりました。それはそれで今の日本の職業教育の論点が凝縮しており、私は私で勉強になったのですが、なぜ私に話しかけて下ったのかはよく分かりませんでした。話の中で何かを感じ取ってくださったんでしょうね。

つくづく、今回の学会報告は、人の「理解する」行為の多様さを感じさせる機会になりました。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。