私の意図したとおりに、濱口さんの第4章の議論と比較してマシナリさんが取り上げて下さって、嬉しい限りなのですが、明らかにまた説明不足だったなと感じたので、付け加えておきます。

といっても、結論は簡単です。リーダーの皆さん、思想団体にならないように、産業民主主義を勉強してください。これだけです。産業民主主義の何たるかを知れば、労働組合が必要であることは分かるはずなんですが、実際にはマシナリさんが紹介されているような労働組合に無理やり加入された経験があると、労働組合が意味のある組織だとは思えないのは人情でしょう。でも、全員にいきなり勉強してもらうのは難しい。だからこそ、まずはリーダーから産業民主主義をちゃんと身につけて欲しいと言う結論になるのです。どんな産業民主主義を身につけてほしいかというと、中村圭介『壁を壊す』に描かれています。

壁を壊す (連合新書―労働組合必携シリーズ)壁を壊す (連合新書―労働組合必携シリーズ)
(2009/05)
中村 圭介

商品詳細を見る


マシナリさんの書かれている私への批判はリーダーによる統制でリーダーがダメだったらどうするのというものですが、これって労働組合だけではなく、どの組織にも当て嵌まる汎用性の高い話なんですね。企業風に言えば、コーポレートガバナンスをどうするかということでもあるのです。それになぞらえていえば、ユニオンガバナンスをどうするのかといってよいのかな。

リーダーシップ論ではフォーマルなリーダーがリーダーシップを発揮しない場合を想定した議論がありますが、どんな組織でもフォーマルかインフォーマルかは問わず、なんらかのリーダーないしまとめ役は必要です。ただし、インフォーマルなリーダーを制度設計というフォーマルな方法で育成できるとも思えませんので、さしあたり、フォーマルなリーダーに的を絞ってあるのです。ここは私の現実感覚ですね。

私はどちらかというと、強制的な選挙による代表の選出という考えには反対です。なぜかというと、民主主義における選挙は、有権者が意思表示という形で参加したというお墨付きを与えるという意味合いを強く持っているからです。今、単純に正規労働者と非正規労働者で構成されている職場があるとします。ただし、正規労働者はユニオンショップで組織化されています。正規労働者と非正規労働者を一緒にして選挙をやれば、組合における選挙経験を有する正規労働者と各人がバラバラな非正規労働者のどちらの意見が通るか明らかでしょう。選挙の肝は多数派工作にあり、です。もし、ちゃんとこの制度を運用したいならば、事前に何らかの形で非正規の組織化(意見の取りまとめ)が必要です。それをやらないで、選挙なんてやれば、非正規も参加しているという事実だけが強調されるからです。そのような状態はマシナリさんの望むところではないだろうと思います。
スポンサーサイト
コメント
トラバいただきありがとうございました。専門家お二人に挟まれて直接コメントをいただけるとは恐縮です・・・と思いきや、
> 私の意図したとおりに、
だったとは、見事にはまってしまいましたねw

中村先生の『壁を壊す』が実は未読でして、連合総研DIOでの紹介を拝見しただけなんですが、もちろん労働者の代表が産業民主主義を勉強することは必要だと思いますし、その実務を実地で伝承する既存労組のリーダーの役割は大きいと思います。

一方でそのようなリーダーの役割を果たす人がどれだけいるか、その役割を果たしたとしても新しいリーダーがそれをきちんと受け止めることができるかというのは確率的な事象であって、おかしな理解をしてしまうリーダーが一定割合発生することは不可避です。

私のような実務屋からすると、その一定割合こそが様々な形で産業民主主義を揺るがしたり紛争を発生させているのではないかと思ってしまうので、過度に自発的な組織に任せてしまうよりは、手続面で最小限の網を広く(=強制的に)かける方が紛争コストは低くなるのではないかと期待してしまうのでしょう。

となると、強制的な手続の網から漏れてしまう労働者と、金子さんがおっしゃるような「それをやらないで、選挙なんてやれば、非正規も参加しているという事実だけが強調される」非正規労働者のどちらを重視するかが、労使交渉への参加資格に対するスタンスの違いになっているように思います。喫緊の課題に対しては既存リーダーによる育成が有効な手段であって、そこから中長期的な手続面の整備を見通す視点も忘れてはならないのではないかと思います。
2009/08/11(Tue) 08:23 | URL | マシナリ | 【編集
マシナリさん、コメント、ありがとうございました。
初めてトラバしてみたので、成功してよかったです。

ご指摘の通り、中長期の戦略は必要だと思います。
あとで、もう少し詳しく書いてみようと考えています。
2009/08/11(Tue) 11:09 | URL | 金子良事 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック