キャリアデザイン学会の事務局から今度、出版される日本キャリアデザイン学会監修『キャリア研究を学ぶ25冊を読む』泉文堂をお送りいただいた。去年の10月、ちょうど博論が佳境に入りかかっている頃に原稿を書いた。この本は、学際的な領域であるキャリア研究において、研究者がしばしば自分の専門以外、何を読んでいいのか分からないことも多いので、そのときの指針となるものを目指したものである。25冊(+2冊)の解説書になっている。私が担当したのは間先生の『経済大国を作り上げた思想』である。

私がこの仕事を引き受けたのは浮世のいろいろの義理・人情もあるのだが(迷ったのは博論の繁忙期だったので)、長いこと間宏先生の仕事について文章を書きたいという思いを持っていたからだ。間先生の本を高く評価する人も、低く評価する人もいる。私にはその何れを聞いても、間先生の仕事の意義が十分に理解されていないのではないかと感じてきた。

間先生は若い頃に書かれた『日本労務管理史研究』で声価を獲得した。この本は労務管理史の古典であり、おそらく兵藤先生の『日本における労資関係の展開』と並んで、もっとも読まれた本である。この二つの本は最初の通史であり、その後も通史の代表作であり続けている。だが、黎明期の作品であるが故に、数多くの異分野の先行研究の成果を取り込みすぎている。したがって、そういう部分を選り分けていくと、オリジナルな部分は意外と少ない。間先生の議論の核は明らかに藤田年功説によっている。

間先生の歴史研究で白眉は『日本における労使協調の底流』である。この本は宇野利右衛門を徹底的に調査した本である。今のように書籍データが電子化されているとその恩恵は理解しにくくなってしまったが、この頃、宇野の著作物を目録にした功績は大きい。その後、杉原薫先生が少し目録を付け足したが、大した論点は何一つ付け加えていない。歴史研究の上で、やっぱり一次史料を読むことは決定的な意味をもっているのだが、二次資料には二次資料のよさがある。だが、二次資料、特に雑誌類等は数で勝負しないといけない。その労力が間先生は抜きん出ているのだ。

間先生は段々と書かれるものが深くなるタイプの学者で、地道な蓄積で得た知見を新しい本に反映させていった。その意味では後期の作品ほど味わい深くなっている。間先生がご自分のオリジナルな理論的な考え方を提示されたのは『経営社会学』である。この本は学生・社会人向けのテキストだが、一つ前のエントリで書いた小島さんと同じく、間先生もテキストだから手を抜く人ではなかった。そういえば、私の記憶がたしかならば、河西先生の『日本の労働社会学』の中で、間先生から若い頃はテキストを書くなという警告を与えられたと記されていたように思う。それと考えあわせるならば、かなりキャリアの後半になって教科書を書いたということだろうか。

以上のことを本当はきちんと間先生の議論に即して文章にしたいとずっと思っていたのだが、今回は編集委員会からのリクエスト、紙幅の都合、私の時間的制約など複合的な要因があって、そこまでは叶わなかった。残念である。

間先生は今年8月にお亡くなりになられた。
いつか本物の追悼文を書き、その偉大さを後世に伝えたい。合掌。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック