学制百年史といえば、基本文献ですね。古書価もそれなりにしていました。1万円を超えることもあったんじゃないですか。驚いたことに、今、これが文科省のホームページで公開されているのです。

本編
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpbz198101/index.html
資料編
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpbz198102/index.html
百二十年史
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpbz199201/index.html
JAPAN'S MODERN EDUCATIONAL SYSTEM
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpbz198103/index.html

こりゃ、えらく便利ですな。
学制七十年史、八十年史、九十年史もよろしくお願いします。

・・・なんか、百三十年史は出ておらず、この事業は止まってしまったのでしょうか?もしそうだったら、事業仕分けは次の段階で、無駄を省くだけではなく、無理解によって潰されてしまった事業の復活も検討して欲しいものです。国じゃないけど、都労研とか。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック